きみを守るためにぼくは夢をみる(3) (星海社文庫)

著者 :
制作 : 新海 誠 
  • 講談社
3.44
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389328

作品紹介・あらすじ

「おにいちゃん、たすけて」 花の香りをたずさえて“妹”が訪れた。
白倉由美×新海誠の魅惑のコラボレーション、第三弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公の選択で女の子が衝撃的な状態となっていた。次の巻で二人が幸せな道を見つけられることを願います。

  • 「おにいちゃん、たすけて」 花の香りをたずさえて“妹”が訪れた。

    アカシアの緑の葉の揺れる道で、ぼくは名も知らぬ花の香りに導かれる。花の香りとともにぼくのもとに“妹”が訪れる。水が青く染まるように、ぼくは少女と帰れない旅にでる。きこえないものがきこえ、みえないものがみえる不思議な美しい少女の詔によってぼくは魔法の呪文を手にいれる。ぼくたちの初恋は鈴の音が聞こえる月の下にまだ眠っているのだろうか——。

    白倉由美×新海誠の魅惑のコラボレーション、第三弾!

  • 他の方々も仰っているように、僕もこのシリーズの詩の様な文章は綺麗で大好きです。話の展開も好みは分かれそうですが、僕はそこまで違和感を感じませんでした。
    しかし、主人公達の喋り方や話題が大人過ぎる気がしたのが頭の隅にずっと引っ掛かっていたような気がします。中学生でこんな会話はしないだろう…と。それと、軽くネタバレになってしまうかも知れませんが…




    ラストシーンの砂緒ちゃんが可哀想過ぎると思いました。いくらなんでもそこまでしなくていいだろう、と作者に伝えたいです。

  • シリーズ第3巻。

    主人公の朔はもちろん、登場人物たちに対して必要以上に「不幸」な展開をもってきて、ご都合主義で話を進めているようにしか感じられなかった。
    結末が気になるけれど、このままの展開でだらだら続くなら、読むのをやめると思う。

  •  風景が、とかじゃなくて、表現が、文章がきれい。
    登場人物たちが文学少年・文学少女過ぎるきもするけど...
    喩えが特に色鮮やか。

    ***

     それぞれの立場や境遇故に成長や大人について考えてることはあった。
    けど朔が大きくなるにつれて、読者である自分自身に近づくにつれて、自分の小ささに気づかされるようでちょっと怖かった。
    恋とか、大切なものとか。この本を通じて自分が見えるような気がした。

     でも、だからと言って朔や塔太が大人、ってわけじゃなくて。
    幼いうちにたくさん過ちをしなさい、とか聞いたことあるけど......

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1965年千葉生まれ。
著書に「きみを守るためにぼくは夢をみる」(星海社)、「ネネとヨヨのもしもの魔法」(徳間書店)等がある。

「2016年 『僕らの惜春』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白倉由美の作品

きみを守るためにぼくは夢をみる(3) (星海社文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする