わたしは虚夢を月に聴く (星海社文庫)

著者 :
  • 星海社
3.94
  • (6)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 140
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389403

作品紹介・あらすじ

探偵の荘矢夏美が受けた、依頼人自身が"その人の名前も姿もほとんど思い出せない-"という奇妙な"人探し"。正体不明の「誰か」を探すうち、夏美は今いる世界の真実に目醒めていく…。月を跳ねるウサギ型のロボット。人智を超えた"敵"。冷凍保存された英雄。「鉄仮面」と呼ばれる超兵器-。嘘のような現実が月にあり、現実のような嘘が地球にある。これは、虚ろな夢の物語。上遠野浩平が描く青春SFの金字塔、"ナイトウォッチ"シリーズ第二弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ナイトウォッチシリーズ2作目。

    vs イマジネーター4 だったのかよ……。

    3読んでたっけな?

    今回の舞台は広い意味で月。
    舞台を絞ることで前作とのヴァリエーションをつけいる。

    月面パートも、ウサギのロボットのお陰もあって面白いんだけど、収束していく所がもやもやするのは、英雄が夢を諦めたからか、弥生に感情移入出来なかったからか。

    心こそが何よりも大事。というかそれさえあれば良い、っていう真っ当な青春ものだった。

  • 2001年8月刊行の徳間デュアル文庫の出版社違い。
    いわゆるコレクターズアイテム。

  • 何か、おかしいと謎を追究する感じから、思い出せない人を探すと言うことから、展開して、徐々に仮想空間が開けてきて、自分一人が、異星人から攻撃された基地に残っていることがわかった来る。この何となく、けだるく、敗北感が漂う、何とも言えない感じがいいです。これが、アメリカの同様な状況だとレジスタンスを起こして、反撃していくと言うことなのだろうが、敗北感に浸りながら、何となく、物語が進んでいくというのが、こちらの方がリアルなのか、あるいは、日本は、一度、アメリカに敗北した経験があるので、このような小説がかけるのか、よくわからないが、でも、面白かった。

  • 探偵の荘矢夏美が受けた、依頼人自身が“その人の名前も姿もほとんど思い出せない——”という奇妙な“人探し”。正体不明の「誰か」を探すうち、夏美は今いる世界の真実に目醒めていく……。月を跳ねるウサギ型のロボット。人智を超えた“敵”。冷凍保存された英雄。「鉄仮面」と呼ばれる超兵器——。嘘のような現実が月にあり、現実のような嘘が地球にある。これは、虚ろな夢の物語。上遠野浩平が描く青春SFの金字塔、“ナイトウォッチ”シリーズ第二弾。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

第4回電撃ゲーム小説大賞〈大賞〉受賞。『ブギーポップは笑わない』ほかシリーズ著作多数。

「2019年 『ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上遠野浩平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
奈須 きのこ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×