魔法少女まどか☆マギカ (上) (星海社文庫)

  • 星海社
4.22
  • (7)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 120
感想 : 8
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389564

作品紹介・あらすじ

こんなわたしでも、あんな風に誰かの役に立てるとしたら、それはとっても嬉しいなって――
ちょっぴり気弱な女子中学生・鹿目まどかは完全無欠の“魔法少女”に変身することで、理想の自分になれると信じていた――その残酷な真実を知るまでは……。
“魔法少女”ものの新境地を切り開いたTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を、虚淵玄監修のもと一肇が公式ノベライズ! これは鹿目まどかの目線から語られる、奇跡と魔法の物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2015-12-17)

  • アニメを見た人なら違和感なく読めるかもしれないけれど
    本から入った人は描写が荒くて情景が想像しづらいかも。
    細かい表現がなされていなくて全部まどかちゃん視点の語りなので
    物足りない・・・・・・。
    テーマやストーリーは面白いのにちょっと残念。
    小説は小説としてちゃんと作りこんで欲しい。

  • ストーリーはテレビ版準拠。
    気弱な少女であるまどかの一人称であるため若干の読みづらさはあるものの、原作を再現したいいノベライズです。
    上巻は魔法少女の正体がわかるところまで。
    テレビ版3話のあのシーンも含め、非常にぞくぞくとしますね。

  • 読書メモ参照

  • こんなわたしでも、あんな風に誰かの役に立てるとしたら、それはとっても嬉しいなって——

    ちょっぴり気弱な女子中学生・鹿目まどかは完全無欠の“魔法少女”に変身することで、理想の自分になれると信じていた——その残酷な真実を知るまでは……。

    “魔法少女”ものの新境地を切り開いたTVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』を、虚淵玄監修のもと一肇が公式ノベライズ! これは鹿目まどかの目線から語られる、奇跡と魔法の物語。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

小説家。「ニトロプラス」所属。著作に『幽式』、『フェノメノ』シリーズ、『少女キネマ 或は暴想王と屋根裏姫の物語』、『黙視論』、『謎の館へようこそ 白』(共著)などがある。

「2018年 『僕だけがいない街 Another Record』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一肇の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×