騎士は恋情の血を流す The Cavalier Bleeds For The Blood (星海社文庫)

著者 :
  • 星海社
3.50
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389748

作品紹介・あらすじ

「怖いのは人間をやめようとしている、世界のすべてを敵に回してでも“突破”しようとする者だけ。もしもこれがそうなら、私たちでは歯がたたない――」
葛城貴士は、蛇口をひねるようにして、他人の血液を弄ぶ。世界一有名なバンドの歌になぞらえて『プリーズ・ブリード・ユー』と名付けたその能力を駆使し、幼なじみの七ノ輪ほのかを“不敗のカリスマ”と呼ばれる売れっ子タレントへと仕立てあげていた彼だったが、そんなほのかの出来すぎた快進撃が世界の裏側に潜む“とある組織”の調査対象となってしまう――。上遠野ミステリーの傑作<しずるさんシリーズ>入門編となる、熱く苛烈な恋の物語。「しずるさん」はここからはじまった!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • しずるさんシリーズその4。
    唯一の長編にして、ブギーポップシリーズとのクロスオーバー作品。ロストメビウスぐらいまでは読んでから読まないと、理解できない部分が所々ある印象。というか、しずるさんシリーズではなくて、ブギーポップシリーズの外伝の1つぐらいの印象であった。
    要はブギーポップシリーズと似たテイスト。個人的には面白く読めた。
    ただ、本作では、よーちゃんとしずるさんの馴れ初めの話が出てくるのだけれども、あっさりしすぎていて、その点はちょっと残念であった。

  • 傍から見たら分かりきったことから目を逸らして、ほんとに救われないなあ。しかしそこが愛おしいところでもある。
    どうでもいいけど表紙のしずるさん美しい。

  • 「怖いのは人間をやめようとしている、世界のすべてを的に回してでも“突破”しようとする者だけ。もしもこれがそうなら、私たちでは歯がたたない――」
    葛城貴士は、蛇口をひねるようにして、他人の血液を弄ぶ。世界一有名なバンドの歌になぞらえて『プリーズ・ブリード・ユー』と名付けたその能力を駆使し、幼なじみの七ノ輪ほのかを“不敗のカリスマ”と呼ばれる売れっ子タレントへと仕立てあげていた彼だったが、そんなほのかの出来すぎた快進撃が世界の裏側に潜む“とある組織”の調査対象となってしまう――。
    上遠野ミステリーの傑作<しずるさんシリーズ>入門編となる、熱く苛烈な恋の物語。「しずるさん」はここからはじまった!

  • 色んな上遠野作品詰め合わせ。
    やっぱり宮崎駿と同じタイプなのかなー

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

第4回電撃ゲーム小説大賞〈大賞〉受賞。『ブギーポップは笑わない』ほかシリーズ著作多数。

「2019年 『ブギーポップ・オールマイティ ディジーがリジーを想うとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上遠野浩平の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×