装甲悪鬼村正 妖甲秘聞 鋼 (星海社文庫)

著者 :
  • 星海社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061389847

作品紹介・あらすじ

それは百年に渡って大和全土を吹き荒れる戦嵐だった。赤地に金で日輪を描いた豪奢な錦織を掲げる両陣営が天と地で争いを繰り広げ、血で血を洗い、屍山を築く。この南北朝の争乱は、今や大和全土に波及し、果てしなく意義もなく続く泥沼の大乱と化している。誰もかもが戦乱の終りを夢見ていた。無論、それは南朝軍の主将である男――楠木家六代目当主――も例外ではない。ある日、そんな彼の元に一領の劒冑が届けられた。見る者すべてを魅了するかのような白銀の女王蟻。それは、後の世で地獄と呼ばれる未曾有の事態への幕開けであった……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 装甲悪鬼村正 室町幕府編なのかな?

    ところどころ、セリフが足利さんなのか楠木さんなのかわかりづらくて混乱するところも。
    本編ゲームに出てきた名前やらなんやらでてくるとワクワクしますね。ああ、後にこれがこうなってこうなのね、っていう。ゲームをクリアしていないとわからないところが多いかもしれないですね。町でふらっと手にとって読むのは若干ハードルが高い作品かも。

    宇宙編でもそうですが、
    こうブワッと、突然世界が広がるところとか(宇宙編は1ページ目から広がってましたが)ウワッってなるもんですから

    ニヤッとしてしまう面白い。

    そういうのっていいですね。


    ゲームにしても何編にしても、決して住みたい世界でも生きてみたい場所でもないっていうのがニトロらしいというか。

    本編ゲームのノベライズもいつかして貰えたらいいなあって思っています。あくまでも希望ってことで。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ニトロプラス所属のシナリオライター。自社PCゲーム作品のほか、TVアニメ・TV番組の脚本や、小説、漫画原作などを手がける。PCゲーム『斬魔大聖デモンベイン』『ギルティクラウン ロストクリスマス』シナリオ、TV番組『仮面ライダー鎧武』一部脚本、漫画『ダイン・フリークス』原作など。

「2015年 『装甲悪鬼村正 妖甲秘聞 鋼』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鋼屋ジンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×