約束の国 4 (星海社FICTIONS カ 3-5)

  • 星海社
3.50
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061399570

作品紹介・あらすじ

''戦友,,の最小限度の犠牲を経て、ヒルトリア共産党を手中に収めたダーヴィドとトルバカイン。国政の抜本的改革を断行し、順調な漕ぎ出しを始めたかに見えた新政権だが、二人を待ち受けていたのはあまりにも残酷な''真実,,だった――。
未来に待ち受ける内戦(悲劇)を回避し、ヒルトリア(約束の国)を救うことができるのか――。
カルロ・ゼンが贈る''共産主義英雄譚,,完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • かつての姿よりだいぶましではあるが、ハッピーエンドとはならなかった。大衆の持つ力は侮れない、ということだろうか。
    あと、これだけタバコがうまそうな小説はなかなかないと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

小説家。代表作に『幼女戦記』『約束の国』『ヤキトリ』『テロール教授の怪しい授業(原作)』など。

カルロ・ゼンの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×