ダンガンロンパ霧切 5 (星海社FICTIONS)

  • 講談社 (2017年3月16日発売)
3.71
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061399600

作品紹介

探偵であり続けることは、けっして楽ではない。
むしろ苦悩ばかりで、失うものばかりだ――

難攻不落の「密室十二宮」、ついに陥落! 探偵たちの屍と裏切りを乗り越えた先に待つ、衝撃の真実ーー最強の探偵が仕掛ける最終試験〈ラストゲーム〉を霧切響子と五月雨結は突破できるのか!?

原作ゲーム『ダンガンロンパ』のシナリオライター・小高和剛からの直々の指名を受け、「物理の北山」こと本格ミステリーの旗手・北山猛邦が描く超高校級の霧切響子の過去―。これぞ“本格×ダンガンロンパ”。

ダンガンロンパ霧切 5 (星海社FICTIONS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ついに「密室十二宮」解決。でも詳細が描かれているのは半分もないのは、なんだかもったいないなあ。全部の事件の詳細も知りたいぞ。豪華客船とか島とか。とても気になります。
    今回のメイン事件、前回とーっても気になるところで放置されていた「リブラ女子学院」の事件もようやく解明されますが。うわわわ、なんかものすごい大仕掛けトリック。これは解けん(苦笑)。でもこういうの、やっぱり好きだなあ。
    事件解決のみならず、はらはらどきどきの展開とさらに今後に続く展開も気になります。

  • シリーズ通してロンパらしさと北山先生らしさが共存していて楽しい。登場人物増えてきて、やや混乱。

  • 前作から間が空いていたため、またしてもちょいちょい忘れているという。軽く読み返しといた方がよかったかも。リブラ女子学院がメイン。トリックも、それを生かした展開も面白かった。毎度毎度気になる引きで終わるので、早いとこ続きが読みたくなります。

全3件中 1 - 3件を表示

北山猛邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北山 猛邦
米澤 穂信
伊坂 幸太郎
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンガンロンパ霧切 5 (星海社FICTIONS)に関連するまとめ

ツイートする