人間関係の心理学 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061455399

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  漱石の心理状態理解の参考にと思って買ったがあんまり関係なし。
     まず、自分をどうとらえるかにからみ、「性格」ということばの定義が誠実に(哲学的に)吟味される。こういうアプローチは好きです。
     が、所期の(漱石からみの)目的とはだいぶ遠い地点の逍遥で、とりあえず2章までで保留。
     しかし、2章まででも「性格」ということばに対するわれわれの常識の硬直性とか、興味深い指摘いろいろあります。
     3章以降もきっと読むと思います。

  • (1982.12.08読了)(1982.12.04購入)
    内容紹介
    他人とまともに視線を合わさない人がいる。日本人には、対人恐怖症さえ少なくない。人びとが真の人間関係を見失ったのは、これと無関係だろうか。著者は、たんに和気あいあいの「よい人間関係」ではなく、「ほんとうの人間関係」を模索してきた。まなざしを、ただ相手に向けるのではない。瞳は“人見”であり、たがいに瞳をとどかせるのだ。その重さを説き人が真の人間関係を見出してゆく過程を描き出す。対人関係トレーニングでの、著書の豊富な体験をもとに、人間一般より、かけがえのない一人一人の人間のあり方を説く本書は、さまよえる現代人のための人生読本である。

  • ペラ読み
    言いたいことはひとつらしい。

  • これは授業で読んだ本です。

全4件中 1 - 4件を表示

早坂泰次郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×