英語遊び (講談社現代新書 652)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061456525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わたくしの好きな人たちが次々と去つてしまふのです。しかも志半ばで。
    人気翻訳家の柳瀬尚紀氏が亡くなつたのが先月30日。73歳は現代では早過ぎると申せませう。ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』全訳は未完のままとなり、さぞかし本人も心残りではないかと勝手に想像してゐます。

    かなり古い本ですが、『英語遊び』を登場させます。これは英語の学習書ではありません。文字通り英語を遊び倒す本であります。
    いやあ、遊ぶほどの英語力をボクは持つてゐないから、などと物怖ぢする必要はございません。日本語を駆使して、英語と遊び戯れる一冊です。

    「1」でまづ紹介してゐるのは、詩や散文の各行の最初の文字を繋げると何かしらのメッセージになる「アクロスティック」。わたくしも自力で何とか作らうと考へたのですが、暑くて頭が働かず、発表に値する作品が出来ませんでした。代りに、某新聞のプロ野球中継番組の紹介文。

    ▽水曜日はブラボー!
    北海道の熱い観衆の目
    の前での快勝が見たい
    大谷の出番はあるか?
    地元・札幌で魅せろ!
    でるか?中田の一発!
    虎の打線&投手陣を撃
    退せよ!打て!佐藤賢
    治▽チケットも当たる
    ▽大宮龍男副音声解説
    こんなんださうです。対戦ティームが阪神タイガースだつたのですね。

    「2」では「アナグラム」が登場。これは有名な言葉遊びですね。ある単語に使はれる文字の順番を変へて別の単語にしてしまふ。本書の例から引くと、例へば「eat」といふ単語だと、「ate」「eta」「tae」「tea」。無論出鱈目に並べてはダメで、きちんと意味のある言葉になつてゐなくてはならないのです。
    柳瀬氏は知人女性の名を次々とアナグラムにしてしまひ、これが面白いのです。例)「田渕容理子」⇒「豚より貴重」、「宮崎恵子」⇒「気障・嫌味・苔」、「久保京子」⇒「濃き欲望」、「渡辺由利」⇒「湯女、綿減り」、「伊藤貴和子」⇒「亀頭怖い」、「片山三保子」⇒「ほんま堅い子や」等等......

    「3」では、「ダブレット」を紹介。ある単語の一文字づつを変へてゆき、最終的に別の意味の単語にする遊びであります。本書のカヴァー表紙にもありますが、「猫」を「犬」に変へよ、といふ場合は......

    CAT
    cot
    dot
    DOG

    となります。ただ一文字づつ変へれば良いのではなく、途中の言葉もちやんと存在する単語を駆使しないといけません。
    また、著者自身からの出題で、「少年を男にしなさい」では......

    BOY
    bay
    may
    MAN

    これらは僅か3文字だから簡単ですが、文字数が多くなれば途中に使はれる単語が十以上要する難問もあります。

    さて「4」では「発音レッスン」。
    吉田健一の言葉をもぢり、英語の発音なんて覚えられないものだから、始めから諦めた方がいい、などと宣ひます。日本人がriceをliceと間違へて発音したとしても、まともなレストランならシラミではなくちやんと米を出してくれるとか、詩人の正津勉氏が猛犬を前に、命懸けで「Stop!」の発音を体得した話を紹介し、「いざとなればできる」と我我を安心させてくれます。

    「5」は、「パリンドローム」、お馴染みの回文ですね。アダムとイブの会話を回文(勿論英語で)にしてしまふ力業には、笑つてしまふと同時に、凄味すら感じられます。いやあ、柳瀬氏の面目躍如たるものがあります。わたしまけましたわ。

    「6」も身近な「オノマトピア」。西洋語は日本語ほど擬声語・擬態語が発達してゐない印象でしたが、どうもそれは間違ひのやうでした。さすがに『フィネガンズ・ウェイク』を翻訳した人だけあります。

    「7」は「洒落」。ところで、次の文章(?)を読めますか。

    生生「生」。生生生生生生生生生。生生生生生。生、生、生生。(正解は181頁)

    最終章の「8」は、「ジョイス語入門」。架空の『二十世紀文学のアリス』なる書を駆使して、「瞬間接着剤のようなもので言葉と言葉をぴたっとくっつける」といふジョイス語のさはりを解説します。この解説を読んで、よし、俺もいつちよ『フィネガンズ・ウェイク』を読んでみるか!と思ひたち、天存で河出文庫版を取り寄せたはいいが、数頁もいかぬうちに激しく後悔するのであります。しまつた、全巻買ふんぢやなかつた、取り敢へず1巻だけにしときやよかつた......

    なほ、この『英語遊び』、河出文庫版も出てゐますが、それもすでに18年前で、入手難のやうです。ここはあへて、講談社現代新書版を挙げておきます。ぢやあね。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-656.html

  • 土屋賢二のような文章だなと思った。高校程度の英語力もないのに読むものではなかったが、今後高校程度の英語力を身につけたからといって再読はしないだろうな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1943年根室生まれ。翻訳家・英文学者。著書に『日本語は天才である』『ユリシーズ航海記』など。訳書に、ジョイス『ユリシーズ1-12』『フィネガンズ・ウェイク』、ダール『チョコレート工場の秘密』など。

「2020年 『リスからアリへの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳瀬尚紀の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×