ゆとりとは何か: 成熟社会を生きる (講談社現代新書 655)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (4)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061456556

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前著『「豊かさ」とは何か』(講談社現代新書)で著者は、日本は豊かな社会を実現したと説いていました。しかしその後、世界でもまれにみる経済成長を誇ることばが多くの日本人の口から聞かれるようになったことを受けて、本書ではもう一度日本の足元をしっかりと見つめる必要があると指摘しています。

    日本の成功は日本人が元来他に類がないほど優秀で勤勉だったことによるといったような思いあがりは、日本をつまずかせることになるのではないかという危惧を、著者は表明しています。そのうえで、今後の日本が進むべき道をさぐっています。とりわけ、日本の繁栄がアメリカをはじめとする先進諸国との貿易摩擦を生んでいることや、非西洋諸国の近代化に向けて日本が果たすべき役割などについての提言が示されています。

  • 30年前の著作だが、日本の勃興期の時代は終わり後は堕ちてゆくだけと看破している。豊かになりゆとりができるということは、飢餓と失業から逃れることができるのでヒラの者が上の者に対して分をわきまえずに振舞えるようになること、すなわち下克上と同じと評している。日本人論は旧来のだめ論からすばらしい論にかわったが、どちらも視点が違うだけ、どちらか一方が真実ということはないと述べている。アメリカと比べ日本の方が終身雇用制で将来安定しているという考えがあるが、実際はテニュア制を採用しているアメリカの方が、高齢者に優しい。また日本のほうがボトムアップ方式なので民主的。南北問題と太平洋諸国の発展的な集合など今話題のことを30年前に書いている。

  • (1985.05.27読了)(1984.07.28購入)
    成熟社会を生きる

    ☆関連図書(既読)
    「豊かさとは何か」飯田経夫著、講談社現代新書、1980.6.20

  • 「私は企業人の傲りを感じる」
    高名な先生なので、言い切れる歯切れの良さ。

    誰もが思っていても、批判されるので怖くて言えないことをはっきり言い切っている。

    「衣食足りて礼節を知る」
    は知っていました。
    「小人閑居して不善をなす」
    は知りませんでした。

    飯田経夫先生が政治の世界に転出していれば、「ゆとり」教育がよいものになっていたかもしれないと思いました。
    残念。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 確かに日本人は、自分たちは特殊だ、と思いたがる傾向がある気がします。
    別にそういうことが延々と書いてある本ではないんですが、その一点が気になりました。

全6件中 1 - 6件を表示

飯田経夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×