感情はいかにしてつくられるか (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061456808

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 専門用語が沢山あり、理解していくのが大変だった。しかし、内容については読む価値があると言える。
    「感情はいかにつくられるか」という表題であるが、どちらかというと人間の脳がどのような経緯を経て、出来上がりその結果として感情が生まれるのかを説明してくれる。
    脳には、デジタル脳とアナログ脳の二種類に分けることができ、脳が正しく機能するためには、これら二つのバランスが不可欠であると述べている。
    また、左脳・右脳の役割についてもデジタル脳・アナログ脳が関係していることが理解でき、興味深かった。

全2件中 1 - 2件を表示

大木幸介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×