小説―いかに読み、いかに書くか (講談社現代新書 (684))

著者 :
  • 講談社
3.22
  • (3)
  • (3)
  • (13)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061456846

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 扱われている作家や作品を丁度ある程度読んでいたのでとても勉強になったように思う。中で言われているテキストも多くは青空文庫にある。小説の捉え方みたいな部分で勉強になった気がする。ちょっと前の時代の高橋源一郎的存在といったところか。「林修の日本文学講座」を読んでから読むと丁度いい。

  • 小説家による創作論が面白いのは、いわゆる批評用語が用いられていないところ。後藤明生自身が書いていたとおり、批評家による批評と小説家によるそれとは、そこで一線を画す。批評とはある種の暴力だと思う。既存の概念でもって作品をねじ伏せる傾向がある。逆に、小説家による作品論には、ある抽象を目指しながらも、あくまで具体につこうとする姿勢が土台にある。
    創作家と批評家がそれぞれ性質の異なる存在だという前提に立つと、批評家は理性的で創作家は本能的といった誤った2分法が生まれる。本書にも登場する田山花袋はその不幸な犠牲者だ。そんな彼を、後藤明生が、精緻な読みで救い出している。それだけでも、本書は読む価値がある。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 新書ではありますが、小説に関して色々参考になりました。もっと昔に読んだ記憶があります。再版でしょう。

全6件中 1 - 6件を表示

後藤明生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
ウラジーミル ナ...
三浦 しをん
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする