ツタンカーメンの謎 (講談社現代新書 (749))

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (3)
  • (2)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061457492

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2000.12.31読了)(2000.12.15購入)
    内容紹介
    燦然と輝く黄金のマスク。金銀宝石をふんだんに使った2000点を越す副葬品。ほとんど無傷のまま、3000年の永い眠りから覚めたツタンカーメンの王墓の発見は、発掘史上の“奇跡”といわれた。そして、相次ぐ発掘関係者の死は、“ファラオの呪い”の伝説を生んだ。特筆される業績も残さなかった短命の少年王が、これほど手厚く葬られたのはなぜか?絢爛たるエジプト第18王朝の繁栄の裏にはどんなドラマが秘められていたのか?発掘をめぐるロマンと歴史の謎に挑むスリリングな書。

    ☆吉村作治さんの本(既読)
    「ピラミッドの謎」吉村作治著、講談社現代新書、1979.11.20
    「クレオパトラの謎」吉村作治著、講談社現代新書、1983.02.20
    「ピラミッドは語る」吉村作治著、岩波ジュニア新書、1985.10.21
    「古代エジプト文明の謎」吉村作治著、光文社文庫、1987.08.20
    「ピラミッド・新たなる謎」吉村作治著、光文社文庫、1992.04.20
    「ピラミッド文明・新たなる謎」吉村作治著、NHK人間大学、1998.10.01

  • 日本のエジプト研究者といえば吉村作治先生!高校時代レポート作成の際にかなりお世話になり、と同時にますます古代エジプトへの興味をそそられた一冊。ツタンカーメンの発見者、ハワード・カーターの著書「ツタンカーメン発掘記」も随所で引用されてて二度オイシイ。特にカーターが発掘時に、棺に添えられた枯れた花束を見つけたときの心境なんかは本当に生々しく伝わってきてマニアとしては本当に嬉しいです。そして作治先生による古代エジプトやツタンカーメンの知識諸々…楽しいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1943年、東京都生まれ。エジプト考古学者。
サイバー大学学長、早稲田大学客員教授、工学博士(早稲田大)。
1966年、アジア初の早大エジプト調査隊を組織し現地に赴いて以来、
40年以上にわたって発掘調査を継続、数々の発見により国際的評価を得る。

「2017年 『イスラム教徒の頭の中』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉村作治の作品

ツイートする