ワープロ書斎術 (講談社現代新書 767)

著者 :
  • 講談社
1.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 19
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061457676

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  京大式カードや5×3カードの活用とワープロ活用を論じた初期の作品。

     現代では、その性能などで古くさくなっている。ワープロが進化しているからこそ、もっと知的生産できるようにも思うが。

     京大式カードが大きすぎると挫折した著者は5×3カードが好きなようだ。また、ワープロが非常に好きらしい。現代のハードウェアレベルからは、ワープロでは知的生産などできないと私は思うが、当時はこれでも十分に革新的だった事が予想される。今はハードウェアがかなり進歩しているのだから、それに応じた「知的生産」があろうと思う。ここでは、ワープロを使ってカードに印刷する事などを書いているが、今はもはや「電子カード」の時代じゃないかな?そして電子カードとして管理する以上、現代においては、ワープロは清書マシン以外に生きる道がないと思う。もちろん、ワープロもそれなりに進化してはいるものの、やはり清書マシンであると思う。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4061457675
    ── 西尾 忠久《ワープロ書斎術 19850320 講談社現代新書》
     

全3件中 1 - 3件を表示

西尾忠久の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×