チームワークの心理学 (講談社現代新書 (791))

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061457911

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み始めた数分は、なんかまあ古い本だし、スタンダードな、オーソドックスなものかみたいな気分で。
    少しずつ、あれ、これは、読んでおけて良かった・・・、となり、
    読み終わったいま、尊敬できる大人がいた、という感想。
    ほかの著書も読みたいな。

  • 自己顕示欲の断念、自己の仕事へまい進
    自分の役割を探し見つけるー            集団の目標より、自分にできることは何かを知っておく

    自分の権限と責任の範囲を確認しておくこと

    p154  自分が人を拒否する自由があるのと同じように     、人も私を拒否する自由があるのだ

        ゲシュタルトの祈り

  • チームワークとは自分の属する集団の目標達成のために、各自が黙々と自分の任務を遂行している状況のことである。仲間とけんかしてもよい。要は自分のなすべきことをきちんとすることである。それがチームワークである。例えば、夫婦げんかが続いているときでも、1人は朝食を作り、他は稼ぎに出かけるのがチームワークである。
    人の和があり、なおかつチームワークがあればそれにこしたことはないが、人の和があっても必ずしもチームワークがよいとは限らない。
    『チームの中での役割を自覚せよ』
    そんな内容です。

  • 20年前ぐらいに書かれた本だから、やっぱり古い。こういうことに書かれる本って、なんで一昨年内ぐらいのじゃないと面白くないんでしょうか…。不思議。そのときの社会時勢なんかを如実に反映してるからか。やっぱり古い。

全5件中 1 - 5件を表示

国分康孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする