「らしさ」の心理学 (講談社現代新書 797)

著者 :
  • 講談社
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061457973

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 教科書は男の独壇場?

  •  大学生の頃、授業で著者から直接紹介されて、買ったまま読んでなかったのだと思います。

     いろいろな「らしさ」について書かれていますが、中心は「男らしさ」「女らしさ」についてです。私も男の子と女の子の父親ですので、二人の子どもをどう育てていくかという点において、「男らしさ」「女らしさ」は、これから少し考えなくてはいけないなあと思っています。

     ただ、もっと深刻な問題は、「自分らしさ」ということですね。40を過ぎて、自分に自分らしさがあるのか、その自分らしさに、自分は満足しているのか、そのことの方が大きな問題だと思います。

     そう言う意味で、なかなか示唆に富んだ本です。

全2件中 1 - 2件を表示

福富護の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×