霧のむこうのふしぎな町 (講談社青い鳥文庫 11-1)

著者 :
制作 : 竹川 功三郎 
  • 講談社
4.30
  • (201)
  • (83)
  • (79)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :796
  • レビュー :147
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061470217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生の頃に読んで、いまもまだ大好きなお話。

    ピエロの傘に導かれて、辿りついた不思議な街。
    ひと夏をそこで過ごすこととなったリナの
    不思議で、ほんの少しだけ寂しい、優しさの物語。

    さまざまな仕事を通してリナが少しずつ成長し、
    周りの人と繋がっていく様がとても頼もしく、そしてとても愛しい。
    もし子どもが生まれたら、
    小学生のうちに絶対一度は読んでほしい一冊です。

    **

    ずっと昔に読んでいたのに、
    千と千尋のモデルになったことを最近知りました。

    *ポニーテールの女の子
    *不思議な街で暮らすことになる
    *黒いドレスに、白髪を結い上げたおばあさん
    *「働かざるもの食うべからずだよ」

    こんなにも共通点があるのに、なんで気が付かなかったんだろう!

  • 小学生の頃に、何冊かこの人の作品を読んだ。当時は「地下室からの不思議な旅」が一番好きだったけれど、大人になって思いだすのはこの作品ばっかり。地元の町が、夏になると海霧に包まれる日が多いからかも。
    主人公の成長がよく分かって、それにつれて他のキャラクターも魅力を増していって、とても面白かった。

  • 「好きな本は?」と聞かれたら、きっとすぐに思い浮かぶ、でも、ちょっと恥ずかしくて答えられないかもしれない本。私にとって大切な思い出がたくさん詰まっているから。

    子どもの頃はあんなにも近かった世界なのに、大人になってしまった自分にはもう届かないのだとわかってしまう。読めば夢中で進めてしまうし、読み終わった時の幸せな気持ちはいつ読んでも感じられるのに、切ない気持ちが年々大きくなるようだ。

    それでも、毎年夏になると必ず読んでしまう。夏休みの子どもたちを見ると、ふと思い出すのだ。

    そのたびに幸せな気持ちになり、少し寂しくなる。
    いつか、自分の子どもにこの本を渡す時には、その寂しさもなくなっているのだろうか。

  • 本当に大好きな本です。
    25年ほど前に、小学生だった頃、自分のおこずかいで初めて買った本です。表紙のイラスト(これとは違う絵柄)を見た瞬間に、これだ!と運命的なものを感じたのを覚えています。今売られているものはイラストが変更になっていてとても残念です。
    久々に読み返してみました。大人には少し物足りない、というか、もっともっとリナと気ちがい通りの人々との交流を見ていたい気になりました。
    これからも大切にしたい一冊です。

  • 30代の夢をなくした男の読む本ではない。

  • 中学生の頃からずっと好きだったけれど10年前の引っ越しの際に行方不明にしてしまいました。忘れられずに改めて探し購入。現在出ているものは挿絵がすっかりかわってしまったこと、使ってはいけない言葉として置き換えられている部分があるため、初版を探しまくりました。やっぱりこの挿絵がいい。

  • 夜中にふっと思い立って急に読みたくなって本棚を漁って発見。今から15年ほど前に小学生だった頃に読んだ本。結末に胸がきゅんとなった。きちがい通りはきっとどこかにあると思った。千と千尋の神隠しは間違いなくこの本にインスパイアされてるはず。子ども向けファンタジーも侮れない。子どもに読ませたい1冊。2011/101

  • 大人になった今でも手放していない貴重な児童書。
    リナみたいに不思議な町に行ってみたかったなあと今でも思います。

  • 小学生の頃、母が頼んだ本と勘違いして図書館で借りてくれた本。
    それまで自分とかけ離れたファンタジーばかり読んでいた自分にとって、ずいぶん親近感のある設定の少女が主人公だったことに驚いた。
    親戚の家を訪ねたような懐かしい心地の物語。
    大人になってから書店で見つけ改めて購入。
    自分の子供にも読ませてやりたい。

  • 小学校の時に読み、大人になった今でも本棚に飾ってある数少ない本の一冊です。ぜひ小さいときに読むことをお勧めします。

    夏休みに父親に勧められるままに訪れた見知らぬ街。あたたかな歓迎もなく、ただただ途方にくれるばかりの主人公。しかしピエロの傘に導かれてたどり着いたのは霧の向こうにある色鮮やかな異国のような街並みでした。作品に出てくる街並み、お菓子、一風変わった人々、不思議なろうそく、どれも子供のころに現実にあったらと夢見たものでした。

全147件中 1 - 10件を表示

霧のむこうのふしぎな町 (講談社青い鳥文庫 11-1)のその他の作品

柏葉幸子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
コルネーリア フ...
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

霧のむこうのふしぎな町 (講談社青い鳥文庫 11-1)に関連する談話室の質問

霧のむこうのふしぎな町 (講談社青い鳥文庫 11-1)に関連するまとめ

霧のむこうのふしぎな町 (講談社青い鳥文庫 11-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする