シートン動物記 (1) おおかみ王ロボ ほか (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.92
  • (12)
  • (11)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 150
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061471764

作品紹介・あらすじ

愛するめすオオカミのブランカを助けようとして、ついに、わなにかかったおおかみ王「ロボ」、あわれなみなしごから、たくましい森の王者に成長する『ハイイログマの一生』など、大自然にくりひろげられる、動物たちの愛と戦い、かなしみを、生き生きとえがく動物文学の傑作4編をおさめました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • シートン動物記の一作目 『オオカミ王ロボ』他二作

    あるところにすごく厄介で悪いオオカミ王がいて、王の率いるどのオオカミの首でもいいから手に入ったら牛なん頭分の金でも出そうという人がたくさんいたがロボはなかなかつかまらず...。

    面白かったです。
    絶対にシートン動物記の2や3も読もうと思いました。
    ぼくは本を読み終わるまでシートンさんが書いてるからシートン動物記なんだと知らなくて、お母さんにビックリされました。
    シートン動物記面白いから読んでみて、母さん。笑

    • りまのさん
      この世界には、不思議なことが、たくさんあります。りまのは、不思議なことが、けっこう好き。たとえば、この時代、この体でうまれてきたこと。これは...
      この世界には、不思議なことが、たくさんあります。りまのは、不思議なことが、けっこう好き。たとえば、この時代、この体でうまれてきたこと。これは奇跡のように、不思議なことだと、思います。 りまの
      2021/01/29
    • ほっぺプニプニマンさん
      不思議といえば、『こそあどの森』って言う本は不思議な本だよ。
      12巻まであるよ。
      不思議といえば、『こそあどの森』って言う本は不思議な本だよ。
      12巻まであるよ。
      2021/01/30
    • りまのさん
      ふむ。図書館で、探してみます。
      ありがとう!  りまの
      ふむ。図書館で、探してみます。
      ありがとう!  りまの
      2021/01/30
  • 小学生の頃に読んだ作品です。
    このシリーズはハマるとすらすら読めると思います。
    それからいろいろと勉強になるので小学生くらいの子は
    読むことをオススメします。

  • 私が狼と熊とうさぎと馬とが好きな理由が
    沢山沢山つまってる本です。

    幼い頃に繰り返し読んだから、
    ロボもワーブもぎざみみもすみくりも
    かつての友人のように思い出す自分がいます。

    子供向けとあなどるなかれ、
    いきいきとした動物たちの描写や心理の表現に
    大人もついついのめり込んで読んでしまうと思います。

    挿絵も素敵で、子供ができたら読ませたいと思うような
    大好きな本です。

  • とても良いです。おおかみ王ロボが特に好きでした。

  • 動物の感情が人間的に表現されていて生き生きとしている。が、単なる出来事を羅列した文章にすぎない。オチというか、驚かされるような面白い結末が無い。

  • 図書館再読
    小学生高学年向き
    ロボは懐かしかった
    ウサギの話が動物目線で面白かった

    解説より
    動物の話は作られたものだが、作品は実に生き生きと動物のあり方を描き出す
    それはシートンが、動物の生活を本当に知っていたからである
    動物そのものを描いている作品は稀である
    しかもその描き方の深さが群を抜いている
    文句無く内容において、第一級の動物文学である

  • 子供の頃大好きな本でした!
    オオカミ王ロボや、キツネの話はよく覚えてます。

  • 小学生の時読んでました。

全9件中 1 - 9件を表示

アーネスト・トムソン・シートンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
灰谷健次郎
谷崎潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×