クレヨン王国の赤とんぼ (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.31
  • (6)
  • (9)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :114
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061472228

作品紹介・あらすじ

美奈代の家には、壁にじっとしたままの"ふじみ"という赤トンボがいる。"ふじみ"は、うっかりとオーブンで焼いてしまった童話から出てきたのだ。美奈代・菊菜・良恵は、この童話の作者、由美をさがした。由美の心が明るく健康的でないと、"ふじみ"は、いきいきした赤トンボになれないのだ。そこで、アメリカにいる由美と、3人の少女たちの文通がはじまった…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ふじみと家族の物語。クレヨン王国の現実舞台の話は少し暗いめのものが多い気がするけれど、これは温かい。『うそ800メートル夢街道』がなんだかとても好き。

  • 赤トンボがパリっと翅を打ちたくて、というあたりは覚えていたけれど、他はかなり忘れてた。
    でも、安心して読んでいたから、やっぱりなんとなくは覚えているのね。
    大きな冒険もなく、暗い話で、あまり売れなかったと福永さんが書いてらしたけれど、子供は正直、まあそうかも(笑)

    よく覚えていたのは、
    「遊んでいると、こんなことをしていいんだろうかって思うし、勉強していると、遊びたくなる。
    勉強に追われてる。勉強に追われてるってのは、勉強の時間にじゃなくて、勉強しなきゃっていう気持ちに」
    っていうようなくだり。

    そうだよねー百パーセントで遊べることって少ないんだよね。

    やさしい、いい話でした。
    きっと子供を持った親が読んだら、もっと違う感想になるんだろうな。
    子を思う親心の話でもある。

  • クレヨン王国からやって来た「じっとしていて、なにもしないで、そのかわり、死なない」トンボのふじみ。
    ふじみはどんどん本物のトンボへ変化していきます。
    生きるってどういうこと?
    クレヨン王国哲学編。

  • もっともクレヨン王国シリーズらしくない一冊。ファンタジーというよりもリアルな描写が光ります。

    ネタバレは http://d.hatena.ne.jp/ha3kaijohon/20120713/1342174272

  • 遠く離れていても、つながっている。つながっている。

全6件中 1 - 6件を表示

クレヨン王国の赤とんぼ (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

福永令三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする