アラビア物語 1: みどりの文庫 (講談社青い鳥文庫 113-5)

著者 :
  • 講談社
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061472716

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アラビアで「みどりの文庫」と呼ばれる民話集。両者の関係は不明だがアラビアンナイトとほぼ同じ感覚で読める。

    <レモン娘> <王女ミディアの物語> は王子の結婚にまつわる話。いずれも見事な結末をむかえるので非常に面白い。<レモン娘>は一風変わった物語で、天野喜孝さんによる姫のイラストが可愛くてポイントが高い。<王女ミディアの物語>は醜男な王子が内面の魅力で美女を射止める話だが、シンプルながらすべての男性にとっての教訓に満ちている。

    あとは序盤は面白いものの尻切れトンボになる話が多いなか、<グールの毛>はオチがお見事。若者の冒険とロマンス、そして結末にスッキリ。


    全体的に、アッラーへの信仰を基盤としており、正直者や純真な者が報われる話が多く、子どもたちに安心して読ませることができる。大人にとっては、信仰の模範にすべしということになるのだろう。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948~1993年。大阪府に生まれる。メキシコ大学でスペイン語を専攻ののち、1972年より京都外国語大学アラビア語科、田中四郎教授の研究室に学ぶ。その間、アラブの人々の生活・風俗習慣についてのエッセーを多数発表。おもな訳書に『スペインむかし話』『アラビア物語』(講談社)、『漁師と魔神』『王様の指輪』(国際情報社)などがある。

「2014年 『アラジンと魔法のランプ 新編 アラビアン ナイト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川真田純子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×