ガリバー旅行記 (講談社青い鳥文庫 (159-1))

  • 講談社
3.38
  • (6)
  • (5)
  • (17)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 84
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061473591

作品紹介・あらすじ

ねている間に手足と体をしばられ、台車にのせられて小人国の都につれてこられたガリバー……。小山のような人間に、都は大さわぎ!左足を鎖でつながれたガリバーは、小さな皇帝と会いますが……。小人国、大人国、飛ぶ島、馬の国をめぐる、ガリバーの楽しい冒険をえがいたイギリスの風刺文学の傑作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ★SIST読書マラソン2017推薦図書★

    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=10330179

  • 【あらすじ】
    ねている間に手足と体をしばられ、台車にのせられて小人国の都につれてこられたガリバー……。小山のような人間に、都は大さわぎ!左足を鎖でつながれたガリバーは、小さな皇帝と会いますが……。小人国、大人国、飛ぶ島、馬の国をめぐる、ガリバーの楽しい冒険をえがいたイギリスの風刺文学の傑作。

    【感想】

  • 小人国の話が有名だけど、ラピュータ国や魔法使いの村のエピソードの方が面白かった。作者は馬の国を理想として描いたそうだけど、人間を風刺した猿人ヤフーが人間の美徳を一切持たず、悪い面ばかり誇張された存在なので、あれではガリバーが洗脳されてしまうはずだと思った。理性のみで感情を持たない馬はSF的。

  • 低学年、中学年向け

  • 社会風刺があるのかな?
    面白かったよ。

  • おーーもーーしろかった!!
    大人版で読もう!!

  • ふと目が覚めると、周囲の人間がすべて小さかった。

    そんな話だったのは覚えていたのですが
    まさかそれにまだ続きがあるとは…。
    小人、巨人までは思いつけたのですが
    最後の思いつきはなかったですね〜。

  • 誰もが知ってるガリバー、面白いというよりは興味深いといったほうがいいかもしれない作品ですね。
    無知ゆえか俺は最初、冒険モノだと思ってました(今思うとアホだ〜〜)。完全な風刺モノです。
    ただヨーロッパに対する知識的なバックボーンが足りなかったせいか、4割近くは気づきませんでした(これは親と話した結果)
    大人になったらもう一回読み直そうかな

  • そういえば読んだことないなぁと思い、初めて最初から最後まで読みました。思っていたよりずっと面白いことが書いてあります。なかなか深い。後のいろいろな作品がこの本の影響を受けているんだなぁと、感心しました。

  • 皮肉と嘲笑と正義感で彩られた児童文学に見せかけた風刺小説。大人になってから読むとかなりおもろいです。

全12件中 1 - 10件を表示

加藤光也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×