雨月物語: 世にもおそろしい物語 (講談社青い鳥文庫 157-2)

  • 講談社
3.44
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061473706

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・吉備津の釜:そんな男やめようよ
    ・菊花の約:「そなたは不義によって汚名を残せ」
    ・蛇性の淫:愛があるのはいいが、冤罪は可哀想

     雨月物語をはじめて読みました。
     菊花の約に惹かれて読みましたが、他のお話も心に刺さるものが多く、読んでよかったと思いました。上にあげた3編が好みです。

  • そなたは不義によって汚名をのこせ

  • 2003年9月8日

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大阪府生まれ。1734(享保19)年~1809(文化6)年。江戸後期の読本作者。歌人、茶人、俳人、国学者でもある。『雨月物語』は5巻9篇で構成され、1776(安永5)年に出版された。

「2017年 『雨月物語 悲しくて、おそろしいお話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上田秋成の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×