野口英世―見えない人類の敵にいどむ (講談社 火の鳥伝記文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061475014

作品紹介・あらすじ

みんなに『てんぼう』とからかわれた清作少年が、やがて世界の野口英世となるまで、その苦難の生涯を支えたのは母シカの大きな愛である。見えない人類の敵――細菌を追った世界の医学者野口英世伝の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4061475010  213p 1998・10・2 41刷

  • 野口英世という人物は歴史の授業などで少し知っているだけでした。しかし、この本を読んで野口英世はとても努力家で偉大な人だということを知りました。努力をするというのは、とてもすばらしいことだと思いこれからは野口英世を見習って自分も努力をしていきたいです。

    • s0910131さん
      この人偉い!と思うよ
      この人偉い!と思うよ
      2009/06/11
  • この本は、野口英世の一生を書きつづった本である。野口英世とは、今、新1000円札になっている人です。ざっとこの人の生涯は、福島県猪苗代で生まれ、囲炉裏に落ちて、左手を大やけどする。そして成績優秀で、医師を目指すようになる。その後ロシアや、アメリカにわたり、細菌の研究をはじめる。アフリカで黄熱病を研究し始める。しかし黄熱病の細菌は野口英世が使っていた顕微鏡でははっけんできませんでした。そして、野口英世は自分自身も黄熱病にかかって死亡してしまう話である。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

●1906年、秋田県に生まれる。秋田師範学校、日大高等師範国漢科卒業。成蹊学園、東京女子大学などの講師、成徳女子短期大学教授を歴任。著書に『日本児童文学の軌跡』『少年少女のための文学入門』『桃太郎像の変容』、編著に『少年少女つづり方全集 全10巻』など。毎日出版文化賞、日本児童文学学会賞、産経児童出版文化賞などを受章。1992年死去。

「2017年 『野口英世 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

滑川道夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×