エジソン―いたずらと発明の天才 (講談社 火の鳥伝記文庫)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (6)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061475021

作品紹介・あらすじ

いたずらっ子のわんばく少年が、ふとしたきっかけから、偉大な発明王への道を歩んでいく。人類史上に輝く、すばらしい発明にひめられた苦心をたどりながら、発明王エジソンの生涯を生き生きと再現する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■き144
    #エジソン
    #1階本棚
    #小学校高学年から

    ■出版社からの内容紹介
    いたずらっ子のわんばく少年が、ふとしたきっかけから、偉大な発明王への道を歩んでいく。人類史上に輝く、すばらしい発明にひめられた苦心をたどりながら、発明王エジソンの生涯を生き生きと再現する。
    *小学上級から *すべての漢字にふりがなつき

    #253ページ
    #寄付本

  • 1769年ジェームズ・ワットの蒸気機関の発明によって、産業革命が起こり、時代が大きく転換する。
    機械を作るための鉄の需要が増し、広大なアメリカを蒸気機関車が走るようになる。
    こういった時代の転換期にエジソンは生まれた。エジソンが生まれたのは1847年だが、それはいよいよ機械化が始まる時代であった。
    発明王エジソンも、やはり時代が生んだと言える。
    しかし、エジソンが発明王になったのは、その天賦の才のゆえだろう。
    幼い頃から熱中したらとことんやり、突き詰める探究心の持ち主であった。また、目標を達成するまでやり抜く執念の持ち主であった。
    さらには、時代を見抜き、事業を起こす天才でもあった。
    現代に生きてもエジソンは、天才中の天才として活躍しただろう。
    間違いなく、具体的に時代を変えた大人物である。

  • いい勉強になった。

  • エジソン、いっぱい作って、いっぱい失敗しても
    落ち込まないで次から次へ作ってみるところが
    すごいなって思った。
    ぼくも思いついたらとりあえず作ってみよう。

    それから、あんなに発明した人が算数ができないのも意外だった。
    でも、エジソンの助手は算数が得意で、エジソンは算数はその人にお任せしていた。
    得意なことは、得意な人に任せるっていうことも大事なんだなってことがわかった。

    それからだけど、エジソンのお母さんは、ぼくのお母さんにちょっと似ていると思った。

  • (2005.11.21読了)(2005.09.03購入)
    内容紹介(amazon)
    いたずら少年が発明王になった秘密は? 「天才とは1パーセントのひらめきと99パーセントの努力である」。この言葉どおり、たえまない観察と実験、努力を重ね、ついに発明王となったエジソンの伝記。

    ☆関連図書(既読)
    「快人エジソン」浜田和幸著、日経ビジネス人文庫、2000.11.07

  • この本は、あの有名なエジソンのことをつづった本です。エジソンの本名は、トーマス・エジソンです。エジソンは、世界で1番といっても過言ではないほどの、世界1の発明家です。エジソンの発明品の中では、蓄音器や、電球などがかなり有名ですが、現代の人にはなくてはならない、ダイナマイトや、コンクリートなども開発していたのです。もちろん電球なども現代でもとっても必要なものなのですが…。ちなみに火の鳥文庫は比較的読みやすいです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

●1909年、東京に生まれる。東京帝国大学応用化学科卒業。東京工業大学教授、日本大学教授などを歴任。専門の応用化学のみならず、宝石や野鳥の研究家としても有名。著作に『やさしい火の科学』『新しい科学――はじめて科学を学ぶ人のために』『新しい有機化学――炭素化合物を見なおす』『科学のこぼれ話』『鳥の来る日』『パイロット三ちゃん』など。2006年死去。

「2017年 『エジソン (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

崎川範行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック=カール
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×