舌切雀 (新・講談社の絵本)

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061482586

作品紹介・あらすじ

読者待望の二十世紀の名作「講談社の絵本」二十一世紀に残してゆきたい絵本の復刊。この絵本で育った世代から、現代の子ども達にまで、この絵の素晴しさを伝えたいという願いを込めて。小学低学年~一般。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔話の定番ては言え、欲張りはダメね❗️

  • (2014-06-15)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1890年生まれ。大正・昭和期の日本画家。松本楓湖の門に入り、文展・帝展で活躍。戦後は挿絵に専念し、岡本綺堂「半七捕物帳」、柴田錬三郎「眠狂四郎無頼控」など。1967年没。

「2001年 『舌切雀』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鴨下晁湖の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×