いちご(1) (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.95
  • (42)
  • (25)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 314
感想 : 37
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484047

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小学生の頃にちょろっと読んでたのが懐かしくなり。
    その時は単純に面白い「夢水清志郎」や「パスワード探偵団」により夢中だったけれど、私の場合は今読んでみて「こういう話だったのかあ!」と沁みてくるところがありました。はやく続きが読みたい!

  • いい話です。感動しました。学校とは、なにか?等、いじめの問題も。

  • ■き107
    #いちご(1)
    #1階本棚
    #小学校高学年から

    ■出版社からの内容紹介
    いちごは、小学5年生、アトピーになやんでいる女の子。お父さんの仕事のため、東京から信州の山のなかに一家で引っ越してきました。都会での生活からは想像もつかない大自然のなかの毎日は、いちごにとってはじめてのことばかり。ここだったら、アトピーもよくなりそう…。「いちご」シリーズの第一作。小学上級から。

    #236ページ
    #寄付本

  • 少女の成長。ほのぼのする本

  • 少女の成長物語だいすき

  • アトピーに悩むいちごは、父親の仕事の都合で、東京から田舎の山奥の町へ

    ピュアだなぁ(*^。^*)

  • 小学生の時に友達に貸りて読んだ本。それ以来ずっと倉橋さんのファンです。
    家族と都会から田舎にやって来た少女、いちごの心暖まる物語。何故か森の描写がとても印象に残っています。

  • 娘が学校で借りてきた。
    とても面白かったようで、どんどん読み進め、全シリーズ読破した。

    ★5つは娘の評価。

  • 友達の家にあった素敵な挿絵の本。
    おもしろそうで、気になっていて。
    手に取ってみたら夢中になって。

    小学生のいちごと一緒に
    小学生だったわたしは悩んだりドキドキしたり。

    人間以外の動物や植物だって彼らなりの
    ことばできっと話している。

    わたしたちが耳を傾ければ、その声はきっと聴こえる。

  • 私自身、今でもアトピーっ子。
    小学生当時、主人公を自分に重ねて読んでいました。
    このシリーズ、大好き。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。 その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』『ラ・メール星物語(全5巻)』、『魔女の診療所(全8巻)』、『ドジ魔女ヒアリ(全3巻)』、『ポレポレ日記(全5巻)』、『生きているだけでいい!~馬がおしえてくれたこと~』、『夜カフェ(全12巻)』(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『倉橋惣三物語 上皇さまの教育係』(講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

「2023年 『星カフェ この気持ちが恋だとしたら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

倉橋燿子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×