クレヨン王国 超特急24色ゆめ列車 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.31
  • (4)
  • (5)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 105
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「林くんのハヤシライス」という言葉が頭に残っていて、20余年ぶりに再読。

    主人公の「わたし」は、著者である福永先生本人。
    童話作家である彼は、自然の中で、キジバトとおしゃべりしたり、オタマジャクシを育てたりしながら、暮らしている。
    ある日、自然に帰したオタマジャクシたちが、日照りの危機にあうことを心配した「わたし」は、キジバトの「ブースケ」、オタマジャクシの指南役であった金魚の「A金先生」とともに様子を見に行く。
    そこに、雨雲とともに現れた、24色の巨大SL。
    それは、「わたし」の幼少期の友人であり、戦火で亡くなった「林くん」が、24色のクレヨンで描いた「ゆめ列車」だった。

    「わたし」と「ブースケ」「A金先生」の、ゆかいなやり取り。
    小さな命が自然の中で生きていく困難。
    あざやかな色彩と童謡で描かれるメルヘンの世界。
    そして、体験したものでしか書けない戦時中のリアルな描写と、その中で生きる人々の、優しさ、悪意、たくましさ、いじらしさ、希望、絶望などが、五感に迫ってくる。
    単なる反戦ではない、ただ「林くん」の切なる願いの強さに飲まれる。

  • フクナガさんが主人公の異色作。ブースケとA金先生がそばにいる素敵な生活から、林少年と切ない戦争の思い出まで。

  • 珍しくおじさんが主人公だなと思ったら福永さん自身だった。自伝的な要素が濃く、福永さんの戦争体験が書かれており在日朝鮮人の同級生も登場する。とはいえクレヨン王国なので、金魚やおたまじゃくしやヤマバトが福永さんの友達として面白おかしく活躍するというほがらかさを持ちつつも、戦争による喪失や自然破壊など福永さんのテーマとも言える主題が他のシリーズよりも強く書かれており読みごたえがあった。

  • クレヨン王国後期の作品。
    作者の戦争体験が出てきます。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

名古屋市生まれ。早稲田大学文学部国文科卒業後文筆活動に入る。1956年 オール読み物新人賞受賞。1963年 モービル児童文学賞受賞。1964年 『クレヨン王国の十二か月』で第5回講談社児童文学新人賞受賞。1968年から1988年まで、自然に親しむ心をもった児童を育てる目的で学習塾を開く。
2012年逝去。主な著書に『クレヨン王国』シリーズ47タイトル、『静かに冬の物語』(以上すべて講談社刊)などがある。2012年逝去。

「2016年 『クレヨン王国黒の銀行(新装版) クレヨン王国ベストコレクション』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福永令三の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×