クレヨン王国 ロペとキャベツの物語 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.18
  • (3)
  • (3)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484139

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分がうさぎを飼っていたら、ロペと名づけたいなと、もうずっと思っている。収録されている「クレヨン王国の赤いぼうし」もとてもよかった。

  • あのかわいくもかっこよかったロペが、本当はこんなやんちゃな子うさぎだったんだよ、というお話。
    残念ながら、このときの挿絵のロペはあまり好みでない。もうちょっと別の時期の絵がいいなあ。三木さんの絵は結構変わるから(笑)

    同時収録の「赤いぼうしのクレヨン王国」で、コンばあが、ドケチでお金を貯めるのが大好きで、その肉まんでわらしべ長者を狙ってたコンばあが、
    「お正月じゃもん、お正月じゃもん」
    と、温かい肉まんを涙ながらに食べるシーン。記憶には残っていたんだけど、どの話だろうと思っていたら、これだった。
    心の暖かさがしみたんだよねえ。

  • ウサギなのにキャベツが嫌い、と設定が大好きだった。本棚の隅にいたはずのこの本は一体どこにいってしまったのか?
    もしかしたらクレヨン王国に帰ってしまったのかもしれない。そろそろ買い直そうと思う。

  • こちらは本編の方でなく、一緒に収録されていた赤いぼうしのお話が好きだった。心にじんとしみて、せつないけれど、胸のすみにすとんと落ちついた。今度また読み返してみようかな。

  • なぜか2冊だけ、緑色でひとまわり大きなサイズの文庫をもっています。

全7件中 1 - 7件を表示

福永令三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

クレヨン王国 ロペとキャベツの物語 (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

ツイートする