魔法魔法魔法: ネズビット短編集 (講談社青い鳥文庫 72-4)

  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484382

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【紙の本】金城学院大学図書館の検索はこちら↓
    https://opc.kinjo-u.ac.jp/

  • ネズビットの短編集、魔法と恋がちりばめられた6篇。おとぎ話風ちょっとモダンな味つけで、ユーモラス、一面ひとをくったようなシニカルな可笑しさは、大人でも結構楽しめます。

    竜退治や、王家の洗礼式で妖精が祝福するところに…という昔話お決まりのパターンがあるかと思えば、キング募集中の職業紹介所、郵便、エレベーターなどが登場したり、王さまが建て売り住宅会社の社長となって、その住宅が緑の土地をどんどんはぎとっていったりと、当時としてはおそらく目新しい物事やら、風刺もちょっと混ざっていたり、なかなか自由奔放な空想力、ネズビットの魅力でしょうか。

  • 購入日:2010/08/02
    読了日:2010/08/07
    ブックオフで見掛けて懐かしかったので。
    昔、本屋で見ていたよ~、そういえば、いつの間にか姿を消していたね。
    キングやクイーンが出てくる話なのに、エレベーターとか、住宅建築、シャーロック・ホームズという単語が出てきて面白かった。
    ただ、前に読んだ『砂の妖精と5人の子どもたち』もそうだったけれど、それまで、「プリンセス」とかいう呼び方で地の文に書かれていたのに、突然、名前で呼ばれ出すことが多くて、一瞬、誰のことだか分からなくなることが多々あった。

    訳者あとがきにも書かれていたけれど、「日曜日だけ美人」と「魔法使いの心臓」に「いばら姫」のパターンが使われていたけれど、このパターンは好き。
    「エレベーター=ボーイはだれ?」では「不死身の命」をあげたり隠したりと、ファンタジーならではだな、と思った。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

イーディス・ネズビット

「2002年 『砂の妖精』 で使われていた紹介文から引用しています。」

イーディス・ネズビットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
コルネーリア フ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×