アイヴァンホー 上―愛と冒険の騎士物語 (講談社青い鳥文庫 193-1)

  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ル=ゴフが歴史家になるきっかけを与えた本だということで読んだ。

  • <登場人物>

    アイヴァンホーのウィルフレッド→勇敢で優しい騎士。ロウィーナ姫に想いを寄せ、父に勘当される。リチャード王を慕って十字軍にも参加

    セドリック→アイヴァンホーの父であり、ロウィーナ姫の後見人でもある。サクソン人であることを誇りとし、サクソン王国の再興を願っている

    ロウィーナ姫→アルフレッド大王の血を引く末裔。高貴で美しく、威厳に満ちている。既にアセルスタンという婚約者がいるが、アイヴァンホーに好意を寄せている。

    アイザック→金持ちだが、けちんぼうのユダヤ人の老人で、美しいレベッカという娘がいる。レベッカはアイヴァンホーに惹かれる

    この話にはロビンフッドも登場する(リチャードとジョン王の時代であるから、時期はかぶっているので問題はない)

  • イギリスの騎士、ナイトね~

全3件中 1 - 3件を表示

サー・ウォルタースコットの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×