透明人間 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484856

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔読んだつもりでいたら、「透明人間の告白」しか読んでなかった…。そっちは1988年刊行でこっちがオリジナルかな?いやあ、面白かった。なんていうか、透明人間が全然ヒーローにならないのね…。ならないにも程がある位のキャラ設定で、そこがまた切ない。まあフランケンシュタイン然りの19世紀の根本的なテーマだったのか。そのヒーローじゃないっぷりが物凄く切なかった。

  • SF。サスペンス。古典。1897年。
    100年以上前に描かれた作品。この発想は偉大だ。この作品から、後に、多くの作品が生まれたのでしょう。自分が思い浮かべるのは、浦賀和宏『透明人間』。
    素晴らしい科学技術にも必ず欠点はあるということを思い知らされる。

全2件中 1 - 2件を表示

ハーバート・ジョージウェルズの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×