ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈1〉 (講談社青い鳥文庫)

制作 : 塚越 文雄 
  • 講談社
3.55
  • (20)
  • (37)
  • (67)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 301
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485013

作品紹介・あらすじ

蘭は超能力を持っている。といっても、本人にその自覚はあまりない。ところが、転校生の翠と知りあって以来、背すじがぞっとするような視線を感じたり、謎の怪人におそわれたりと、おかしなことがおこったため、のんきな蘭も、ついに調査にのりだした。事件のむこうに見えた真実とはなにか?そして超能力対決の結末は?蘭とユニークな仲間たちが活躍するSFミステリー。小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4-06-148501-6 237p 2008・6・2 22刷

  • 【361】

  • 読書を始めるきっかけとなった一冊。児童文学と思って侮ってはいけない面白さ。

  • 主人公のランが、次々に仲間と事件をかいけつしていくお話です。読んでいくうちに、ナゾがとけていくところがおもしろいです。

  • 私的には、翠がすきです。

  • 手元になし

  • 蘭は超能力を持っている。といっても、本人にその自覚はあまりない。ところが、転校生の翠と知り合って以来、背すじがゾッとするような視線を感じたり、謎の怪人に襲われたりと、おかしなことがおこったため、のんきな蘭も、ついに調査に乗り出した。事件の向こうに見えた真実とは何か?そして超能力対決の結末は?蘭とユニークな仲間たちが活躍するSFミステリー。

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    7年ぶりくらいに再読!
    ふふふ、実はこの本あさの先生のサイン入りなのだ(*^o^*)
    サイン会参加してお話聞いたりサインいただいたり、あまつさえ一緒に写真とって頂いた幸せな思い出……ww
    2004年の夏休みだったからほんとちょうど7年前くらいだよね!
    今読んでも面白いと思う。昔は蘭と翠の掛け合いとか声だして笑ったけど、まぁそこは、私が大人になったということで……
    留衣かわいいよ、留衣……

  • アニメで見て、読んでみる事にしました。
    図書館にあったのは古いのか、表紙の画像が違っています。

  • 蘭のお兄さん、凛さんはお料理上手。お父さんは漬物上手。
    tomy

  • いつか読みたかった本の一冊(予習せずに読了)。
    わくわくする快調な‘あさの文面’に
    すいすい引き込まれてしまいました。
    強い女の子は元気をもらえて気持ちいいですね!
    現在の小学生にも大人気シリーズですが、納得する内容でした。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈1〉 (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈1〉 (講談社青い鳥文庫)に関連するまとめ

ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート〈1〉 (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする