徳利長屋の怪 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編 下巻 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.69
  • (87)
  • (72)
  • (191)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 1035
レビュー : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485204

作品紹介・あらすじ

花見客の見守るなかで予告どおりに盗みを成功させた怪盗九印(くいん)の正体をつきとめ、れーちの話の謎をあっさり解いた清志郎左右衛門が、幕府軍と新政府軍の戦から江戸を守るために、すごいことを考えた。江戸城を消す……。そんなことができるのだろうか。勝海舟や西郷隆盛を相手に名探偵の頭脳がさえる。名探偵夢水清志郎事件ノート外伝・大江戸編下巻、はじまりまじまり。面白すぎる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読んだらきっと人間が好きになる。

  • 魅力的な探偵さんだと思う。

  • いやぁ、面白い。なにげに感動してしまうし。
    作者の意気が伝わってきます。

  • 現実味はないかもしれないけど、問題の解決方法が教授らしくて好きだなぁ。この大江戸編、これで終わるのはやっぱりもったいない感じがする。魅力的な登場人物がたくさんいて、もっともっと読みたかった。ひとりひとりにフォーカスしても良いくらい、それくらい濃ゆい人たちだった。

  • 歴史にミステリー、この話が大好き。

  • 【375】

  • まだ続編があるとか。

  • どれも読んだ、はやみねかおるの作品の、夢水清志郎シリーズのなかでも一番大好きなのがこの徳利長屋の怪。
    このシリーズは、小学生の頃に本当に何回読んだか分からない!笑
    20歳になった今でも読みたいと思う本。

  • 徳利と書いてとっくりと読みます。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はやみねかおる
1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに、みずから書きはじめる。「怪盗道化師」で第30回講談社児童文学新人賞に入選。〈名探偵夢水清志郎事件ノート〉〈怪盗クイーン〉〈YA! ENTERTAINMENT「都会のトム&ソーヤ」〉〈少年名探偵虹北恭助の冒険〉などのシリーズのほか、『バイバイ スクール』『ぼくと未来屋の夏』『帰天城の謎 TRICK 青春版』(以上、すべて講談社)などの作品がある。

「2020年 『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はやみねかおるの作品

徳利長屋の怪 名探偵夢水清志郎事件ノート外伝 大江戸編 下巻 (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×