ドルオーテ はつかねずみは異星人 (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (5)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061485211

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 異星人・ドルオーテと小学生・達郎との交流を描いた作品。異形のものへの畏怖と敬いを忘れない、斉藤さんのルーツを感じることのできる一冊。続編がありそうでないのが唯一さみしいところでした。

  • ベランダで星を見ていた達郎の前に現れた小さな宇宙船。それに乗って地球にやって来た異星人ドルオーテは、はつかねずみを用意してくれと言うのだった。

    いわゆる「居候型」の物語です。まんがならば「ドラえもん」や「オバケのQ太郎」、児童文学なら「くまのパディントン」でしょうか。昔からお馴染みの形ですね。主人公が異世界に行かず、異世界(宇宙だったり未来だったり魔法の正解だったり様々な異世界がありますが)から主人公の日常に何かがやって来ることで物語が始まります。
    その居候型の物語には大きく分けて2種類あると思うのです。居候キャラの破天荒な行動や、常識のズレから起こる騒動に主人公が巻き込まれるパターン。そして居候キャラの特殊能力によって主人公を助けたり希望を叶えたりするパターン。そのふたつの融合パターンもありますね。
    しかしこの「ドルオーテ」はそのふたつのパターンとは少し違う感じがするのです。
    ドルオーテが持つ異星人の高度な技術力や異星人特有の性質に達郎が助けられるシーンはあります。しかしそれが物語の中心には据えられていない気がするのです。
    ドルオーテも達郎を助けるためにそこにいる訳ではなく、自分の研究心や元の世界に帰りたいという思いに則り動いているのです。その中で友情を築いた達郎を助けるのは、謂わば当たり前の話なのですね。友達だから助ける、ただそれだけのこと。各々勝手にやっているのに友情によって結ばれている、そんな様子がとても心地好いのです。
    それは達郎の何でも受け容れる性格にも因るのかも知れません。一見大人げなく放任主義にも思える両親の元で育ったからこそ培われた性質なんじゃないかなとも思いますが、それはうがち過ぎですかね。
    そんな達郎がドルオーテという異星人(自分と異なるもの)に出逢い付き合う中で起こる心の動き、それが物語の核となるので他の居候型の物語と違った印象があるのかも知れません。そこが楽しくてグイグイ読んでいました。

  • ある夜、ベランダで星の観察をしていた達郎の目の前に、とつぜん、宇宙船が
    あらわれた。乗っていたドルオーテと名のる異星人(宇宙人というのは古いの
    だ)は、はつかねずみを1ぴき、用意してほしい、というのだった……。異星人
    と少年の友情を、ユーモアたっぷりにえがいた、ちょっぴりおかしなSF物語。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。「どうわがいっぱい」シリーズの作品に、「もぐら」シリーズ、「ペンギン」シリーズなどがある。

「2022年 『がっこうのおばけずかん シールブック 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×