ねじれた町 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社 (2005年2月15日発売)
3.71
  • (6)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061486775

ねじれた町 (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。
    美しい城下町に引っ越してきた中学生の行夫、タイムスリップや瞬間移動など超常現象があたりまえに起こっているのに誰も気にしない。

    子供の頃、こういう話好きだった。
    後半は戦いのシーンになるものの、ストーリーや超常現象の起こる意味など、今読んでも面白い。

  • 意外と今でも読めるのは凄いと思う。

  • 私にとって、超ひさしぶりの眉村卓。こんな設定で大丈夫か?どうやって終わらせるつもり??と余計な心配をしたものの、日本ならではのSFというか、それなりに納得のラストでした。電車の中で読むには挿絵が恥ずかしいけれど、たまにはこれくらい軽めのSFもいいですな。

  • こういう話、大好きです。

  • ジュブナイル!今、よんでもおもしろい。

全7件中 1 - 7件を表示

ねじれた町 (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

眉村卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじれた町 (講談社青い鳥文庫)はこんな本です

ツイートする