オリエント急行とパンドラの匣 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.97
  • (130)
  • (84)
  • (132)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1400
感想 : 54
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061486935

作品紹介・あらすじ

ファン待望!夢水清志郎&怪盗クイーンが夢のW主演!!
名探偵、怪盗、探偵卿、海賊、あるいは謎の犯罪組織・黒猫
パンドラの匣(ケース)を手にするのは、いったいだれだ!?

ヨーロッパを横断する、オリエント急行。それは、赤い夢をあざやかに彩る、かずかずの大事件の舞台となってきた。そして、いままた、古より伝わるパンドラの匣をめぐって、新たな事件が……。偶然か、はたまた運命か、乗車するのは名探偵夢水清志郎、そしてきっとどこかに怪盗クイーン。古都イスタンブールから花の都パリへと向けて、オリエント急行がいままさに発車する――!!

<小学上級・中学から すべての漢字にふりがなつき>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回の舞台は、“オリエント急行殺人事件”の舞台にもなったオリエント急行です。オリエント急行に続々と集まる乗客たち、それだけでミステリマニアとしてはワクワクします。

    オリエント急行でパンドラの匣を盗むと決めたクイーンは、怪盗の好敵手(ライバル)として、名探偵夢水清志郎を招きます。クイーンと夢水清志郎の共演に、さらにワクワクします。

    怪盗対名探偵の勝負、どちらが勝つのか楽しめます。

  • 怪盗クイーンと名探偵夢水清四郎のオリエント急行でのとても豪華な共演。
    個性的なキャラが多く、はちゃめちゃな感じで愉快だった。
    名探偵夢水清志郎シリーズでは見れないアクションに、怪盗クイーンシリーズでは見れないトリックが見事に合わさっていてとても面白かった。

  • 夢水清志郎はゲストキャラクター的な立ち位置といえ、電子で出ている「合本版」でも、怪盗クイーンシリーズとして扱われています。
    サブキャラクターたちにやりたい放題させる様もまた、怪盗クイーンシリーズらしさと言えるのでは。

  • 面白い!!
    まさにハチャメチャ、さすが史上最大のおまつり(°▽°)!
    クスっとなる笑いあり、トリック、犯人に驚きあり、キュンもあり♪
    ゴトンゴトンと列車に揺られながら読みたい1冊。
    両シリーズのファンならすんなりと世界観に没頭出来てさらに楽しめる作品だと思います(^‿^)
    私は怪盗クイーンシリーズは1作品のみ、
    教授シリーズは何年も前ですが全作制覇済みです。
    なので教授シリーズ以外の登場人物達のキャラクターとか関係性が1回じゃイマイチ把握しきれず再読して感想書いてます♪
    初読だと混乱しやすいですが、様々な登場人物(役者)に焦点が切り替わる進行具合もリズミカルで飽きさせないし、伏線も物語中に色々散りばめられているので何回でも読める面白さがあります!
    教授好きからしたら教授の傍若無人振りがより際立っていて癒されたなぁ〜
    マンダリンさんを
    “バイオリン探偵卿”って……ꉂꉂ(๑˃▿˂๑)

    今回魅力的だった登場人物の1人、ヤウズくんがどこかでまた登場してくれているということなので、それもまたお楽しみに。
    もういい大人ですが、はやみねかおるさんの本は再読含めこれからもたくさん読んでいきたいですし、子供ができたら絶対読み聞かせたい♪♪

  • 怪盗クイーンと名探偵夢水清志郎の共演というほぼお祭り状態の楽しい一作。ただ個人的には夢水とあいまいみいちゃんの関係性が好きなので、作品の舞台設定上今作ではそこがあまり見えなかったのが少し残念ではある。

  • 夢水清志郎とのコラボとのことだが、残念ながらこちらのシリーズは未読。 読んでいたらもうちょっと面白かったのかな?キャラクターが多く出てきてやや渋滞している感じだが、話は軽快に進んで面白かった。

  • 楽しかったーーー。
    若干、個性的な登場人物ばかりがたくさんでわちゃわちゃしてる感はなきにしもあらずだけど。
    でも、愉快、痛快。
    こういうの、大好き。
    しかも、舞台がオリエント急行って!
    怪盗のお目当てがパンドラの匣だし。
    ミステリ好きにははずせないでしょ。
    自称名探偵の夢水サンも、探偵卿の雰囲気もいい。
    でも、やっぱり1番好きなのはクイーン&ジョーカー&RDトリオかな。人工知能ってすごいねーw
    クイーンも夢水名探偵もシリーズもののようなので、他の作品も読んでみたい。

  • 中学生の頃、教授とクイーンが共演してるのが嬉しすぎて血管切れそうになりながら読んでました。ジャックとその父の描写がいいなあ。挿絵の村田先生、K2先生もそのままの絵柄で交互に描かれてるのが感慨深い。

  • ヨーロッパを横断する、オリエント急行。それは、赤い夢をあざやかに彩る、かずかずの大事件の舞台となってきた。そして、いままた、古より伝わるパンドラの匣をめぐって、新たな事件が・・・。偶然か、はたまた運命か、乗車するのは名探偵夢水清志郎、そしてきっとどこかに怪盗クイーン。古都イスタンブールから花の都パリへと向けて、オリエント急行がいままさに発車する――!!

    夢水とクイーン再び、です。はやみね先生の二大人気キャラが共演なんて黄金コラボとしか言いようがない。こういうところで楽しませてくれるのは先生ならではだなあと感じます。ボタンとジャックの恋が可愛いんだけど、マンダリンが他の女とデキてるんじゃないかと疑うボタンに笑ってしまいました。キレたらやばそうなので、ジャックにはしっかり嫁の機嫌をとってほしいものですwしかしクイーンの変装をしっかり見破りながらも、最後まで種明かししない夢水はさすが赤い夢の住人だなあ。

  • 教授とクイーンの初対決かと思ったら違った。(初対決は『いつも心に好奇心!』に収録の"怪盗クイーンからの予告状"で)でも対決というより、マンダリンやボタンの物語に二人がお邪魔した感じだった。教授は今回もひとりだけ食い倒れの旅。食べてる料理を検索しながら読んだら面白かった。クイーンシリーズは読んだことがないため、キャラを把握するのも一苦労。ジョーカーの過去を知らないから、ヤウズとの関係性がいまいちよくわからなかった。

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三重県生まれ。『怪盗道化師』で第30回講談社児童文学新人賞に入選し、同作品でデビュー。主な作品に「名探偵夢水清志郎」シリーズ、「怪盗クイーン」シリーズ、「虹北恭助」シリーズ、『ぼくと未来屋の夏』『ぼくらの先生!』『恐竜がくれた夏休み』『復活!! 虹北学園文芸部』『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそー前奏曲ー』(いずれも講談社)、『めんどくさがりなきみのための文章教室』(飛鳥新社)などがある。

「2023年 『都会のトム&ソーヤ 日めくり名言カレンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はやみねかおるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×