勉強してはいけません! (講談社青い鳥文庫)

著者 :
制作 : 池田 八惠子 
  • 講談社
3.63
  • (2)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487055

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強嫌いの進太郎くん(小5)が迷い込んだのは…
    法律で「勉強」が禁止されている世界。
    ここでは勉強をすると、なんと捕まってしまうのです。

    この世界で、勉強を教えた罪で捕まってしまった
    お母さんを助けるために、進太郎くんが大活躍。

    勉強が好きという人は多くないかもしれませんが
    でも、禁止されると色々なことで困ってしまうようですね。
    さて、あなたはこの本を読んだ後でも
    「勉強なんていらない」と、自信を持って言えますか?
    当たり前のようにしている「勉強」について、この本を通して
    その理由を考えてみるのはいかがでしょう?

  • 青い鳥文庫のHPを見ていたら面白そうなタイトル発見
    これは青い鳥文庫のf シリーズです。

    f シリーズとはあなたの空想のつばさを広げる物語をお届けする、青い鳥文庫(fシリーズ)。fはSF、未来(future)、ファンタジー(fantasy)、そして、ふしぎ(fushigi)のfです。 ~青い鳥文庫HPより~

    うちのN(小5)は『そんないい本あるの?勉強しちゃだめなんだね』と喜んでいましたがそんなわけありません(笑)

    この本は図書館に置いていなくて買った本なのでいつでも読めると思っているのかまだNは読んでいないのですがぜひ読んでほしいですね~♪

    誰でも『してはいけない』と言われるとやりたくなるもの。
    これはそういう話ではないのですがタイトルのつけ方がいいなぁと思いました。

    子供の頃は…いえ大人になってからも勉強はやりたくないですよね。
    と言うより自分のすきなことなら年齢に関係なく勉強するでしょう。

    別に国語や算数といった教科だけが勉強ではありません。
    手芸、昆虫、ファッション、パソコン…趣味と呼ばれるものだって立派な勉強です。

    それらすべてが禁止にされる世界。
    それがどんな結果をもたらすのかは本を読んでのお楽しみv


    ~勉強や学習、知識の吸収というのは、決まった形ではなく、百人の人間がいれば、百通りのやり方や、受け止め方がありますね。人間として最低限、必要な勉強もあるし、全員には必要ないけれど、興味のある人がやればいいものもあります。~(本文より抜粋)


    だからといってやっぱり押し付けられるような学校の勉強が好きになるわけではないけれど
    どうして勉強が必要なのかな?と考えるきっかけくらいになるといいですね。


    ちなみにこの本、ダジャレ冒険SF小説と紹介されているように上記のようなまじめな文章はそうありません(笑)
    だからこそ大切な部分が伝わりやすいのかも知れません

  • 勉強嫌いの主人公が
    ある日法律で勉強が禁じられた世界へスリップしてしまうというお話です

  • “勉強したくない病”にかかっている時に読んだ作品。
    少しばかし怖かった。

全4件中 1 - 4件を表示

横田順彌の作品

ツイートする