パセリ伝説 水の国の少女 memory(2) (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.23
  • (15)
  • (13)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487550

作品紹介・あらすじ

わたしを呼ぶのは、だれ……?
パセリの秘密が明かされ、<第2の能力>が目覚める!
ふしぎ全開!倉橋燿子のドリームファンタジー

なくしたペンダントをさがしにふたたび青龍湖へ向かったパセリと隼人は、地底の洞窟に転落。そこには思いがけない秘密がかくされていた。だれも信じられないパセリの心の支えは隼人だけ。ところが、兄の光矢は「隼人に近づくな。」と告げる。身の危険を感じたパセリは……?しだいに明かされるパセリの謎。そして、第2の能力とは!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 児童書だけれども、大人にも読んでほしいこと。
    今読んでも遅くないと思うのよね。
    物事は少しずつ進めないといけないということ。
    パセリちゃんにはそこはわかりづらいだろうなー。

    そしてにっくきやつも出てきます。
    これ、大人の象徴と見ても
    悪くないと思うよ。
    彼女はそれを代弁すると思うのね。
    それと新しく来た先生も。

    人は違ったもの、ということ。

    ちなみに力に目覚める描写のところ、
    本当にきれいなんだよなぁ。
    児童文学でこの文をかける人、稀有だと思う。

  • パセリ伝説―水の国の少女 memory〈2〉 (講談社青い鳥文庫)
    倉橋 燿子
    講談社(2007-02)

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

広島県生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務、フリー編集者、コピーライター を経て、作家デビュー。講談社X文庫『風を道しるべに……』等で大人気を博した。 その後、児童読み物に重心を移す。主な作品に、『いちご』(全5巻)、『青い天使』(全9巻)、『ドリームファーム物語 ペガサスの翼』(全3巻)、『月が眠る家』(全5巻) 『パセリ伝説』(全12巻)『パセリ伝説外伝 守り石の予言』「ラ・メール星物語」シリーズ、「魔女の診療所」シリーズ、「ドジ魔女ヒアリ」シリーズ、「ポレポレ日記」シリーズ、『生きているだけでいい!~馬がおしえてくれたこと~』(以上、すべて青い鳥文庫/講談社)、『風の天使』(ポプラ社)などがある。

「2020年 『夜カフェ(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パセリ伝説 水の国の少女 memory(2) (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

倉橋燿子の作品

ツイートする