パスワード悪魔の石 パソコン通信探偵団事件ノート20「中学生編」 (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (17)
  • (10)
  • (39)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 336
感想 : 16
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487741

作品紹介・あらすじ

お待たせしました!大人気シリーズ、待望の「中学生編」スタート!
電子探偵団は健在だ!!
手にした者は運命を狂わされるという「悪魔の石」をめぐって、マコト、みずき、ダイ、飛鳥の前にまたもや新事件が発生!

パソコン通信探偵団のメンバーも中学生。マコトは探偵部、みずきは陸上部、ダイは将棋部、飛鳥はパソコン部、まどかはオーストラリアで、それぞれが新しい生活を送っていて大忙し。電子捜査会議が懐かしく感じていたところへ、タイミングよく(?)事件発生! お待ちかねの人気シリーズ、いよいよ待望の再起動だよ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 皆、電子探偵団忘れちゃだめだろう。
    そして、ダイはだんだん将棋弱くなってない?
    みずきがピンクの服着ると違和感感じる...........

  • 懐かしのパスワードシリーズ。遂にマコト達も中学生。
    今回消化不良というか、最後の方駆け足だったなーって思ったけど実は2巻にまたがる続きものだったらしい。久々に読めて楽しかった。16/12/15

  •  マコト、みずきたちの電子探偵団も中学生。団長のネロが、新しい電子掲示板を立ち上げるはずが、パリに行ったまま音信不通に。探偵団のメンバーも新しい中学校生活に追われ、だんだんと疎遠になっていた。

     そんなとき飛鳥がメンバーに声をかけ、ネロのお店「ベーカー街」を訪ねてみると、お店はいつの間にか閉店しており、そこから新たな事件に巻き込まれることになる。

     マコトたちが中学生になったからといって、内容まで難しくなった、ということはありません。ただ、この本は次作につながっているようで、この本を読み終わった今の段階では、まだストーリーの全容がつかめていません。

     行方不明になっているネロが、どうやら異国の「最後の独身貴族」と結婚するらしいということで、興味は次の本へ続きます。

  • APK48公式キャラクター【まゆ】がオススメする本ダヨッ!

  • 懐かしい!!!
    小さいころ大好きだったキャラが中学生になるなんて当時は想像だにしなかった。

    登場人物の一挙一動が愛らしい。

  • パソコン通信探偵団のメンバーも中学生に。
    探偵団の再起動を心待ちにしていた飛鳥が、ほかのメンバーとともに「ベーカー街」を訪ねてみるが、店は閉店していた。
    不審に思うマコトたちの前に、新たな事件が立ちはだかる!

  • 購入日:200?/??/??
    読了日:2009/02/20
    遂に小学生編が終わり、中学生編に突入。
    話の内容としては前巻の『パスワード怪盗ダルジュロス伝』の続きと言えるけどね。
    新キャラが色々出てきたね。
    気になるところでは明神仁。
    推理力が凄いなぁ。
    本当にパティシエ修行しに来ただけなのか気になるところであります。
    …そんな話にはならないのかな、パスワードは。
    マコトとみずきも新キャラ登場でどう変わっていくのか、気になるよ。

    現実的には環境が変わったら電子探偵団を卒業、基い、自然消滅というのはあり得る話だよね。

  • たまたま見かけたので、読みました。
    パスワードシリーズ、いつの間にかみんな中学生なんですねー。
    飛鳥くんとたまみちゃんのカップルが可愛いです。
    そして、ダイくんにまさかの恋愛フラグです。

    これ、最新刊はどのくらいなんでしょうね…
    推理好きとしては、小さな子が、
    いろいろなミステリを読むきっかけになってくれたりする、
    長く愛されるシリーズになってくれると嬉しいです。

  • 小学生編も面白いけど中学生編のほうもすッごく面白いです!
    自分で考えて謎を解いたりできるので私は好きです!

  • 07.09.02 / 347P

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。1995年より講談社青い鳥文庫で「パスワード」シリーズをスタート。現在までに37巻を数える人気シリーズとなる。ほかの作品に『竜太と青い薔薇』『竜太と灰の女王』『オレンジ・シティに風ななつ』「レイの青春事件簿」シリーズ(いずれも講談社)、「鉄研ミステリー事件簿」シリーズ(KADOKAWA)などがある。


「2023年 『おはなしサイエンス 恐竜 恐竜の町で見つけたこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松原秀行の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×