坊っちゃん 新装版 (講談社青い鳥文庫 69-4)

制作 : 福田 清人 
  • 講談社
3.61
  • (3)
  • (10)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061487895

作品紹介・あらすじ

夏目漱石の名作が、新装版で登場! 痛快で爽快なユーモア小説!!

「親ゆずりのむてっぽうで、子どものときから、そんばかりしている。」そんな純情で江戸っ子かたぎの坊っちゃんが、東京から中学の先生として、はるばる四国へ。俗な教師の赤シャツ、野だいこ、ちょっと弱気なうらなり、正義漢の山あらしなど、ユニークな登場人物にかこまれて、坊っちゃんの新人教師生活は……!?夏目漱石のユーモア小説の傑作!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たぬき、赤シャツなどのあだ名をつけるのが面白かった。

  • 夏目漱石の文章て一番読みやすいということで読んでみた。古い文学作品を読了するのはこれが初めてだ。
    語彙力がないので子ども向けの文章で読んだ。

    読みづらい原因が2つあった。
    知らない単語がある。
    状況がイメージできない。

    あらすじは理解できたので次は原文で読んでみたい。

  • へえー。こりゃ楽しかった(^^)


    私が読書を始めたのは、人より遅くて、24歳のとき。

    中谷彰宏さんがきっかけで、それからずっとhow to本ばかり。

    日本文学は初めて。

    シェイクスピアとかにトライする前に、まずは自国文化だろって思ったので、新装版の出ているこちらの本から、スタート。


    はじめの方は、あまりのめりこめなかったが、最後は痛感だった。
    漱石がユーモア作家といわれるわけもわかった。

    彼の別の作品も読んでみようかな。
    そしたらお札になってる理由もわかるだろう。


    ところで、マドンナは赤シャツとどうなったのだろうか。

    美しい人は、independentであってほしいな。

  • 熊本、愛媛、大洲、松山などを舞台とした作品です。

  • 低学年、中学年向け

  • 借本。
    小学生の頃読んだ事があり、感想の違いを感じたくて再読。
    当時の感想と、今の感想が逆転したのには驚いた。
    まだ未読の方は、面白いので是非!

  • 110?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

夏目漱石の作品

坊っちゃん 新装版 (講談社青い鳥文庫 69-4)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×