人体の不思議 (講談社現代新書)

著者 :
  • 談談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488250

作品紹介・あらすじ

30兆もの細胞が絶妙なネットワークを形づくる人体は、もっとも身近なワンダーランド。脳の前進基地としての眼、舌をかんで死ぬ時代劇の嘘、美女は頭蓋骨も美しい-など、不思議にみちみちたミクロコスモスに潜入し、その謎をさぐる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身体の一般的な機能、また知られざる仕組みについて概説してある本である。しかし、この本単体だけでは、具体的にその用語がどこの部分を指しているか分からないため、図などを調べて参照しないといけない箇所がある。腕の筋肉についての記述のところに図がないのが残念であった。

    また、骨とCaの働きについての記述(Caは血液の凝固、筋肉の収縮、心臓の拍動などにも用いられるし、骨はCaから作られるだけでなくCaを制御している)などの所は、そうなのかと感心するところであった。

全1件中 1 - 1件を表示

吉岡郁夫の作品

ツイートする