オカルト (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
2.90
  • (0)
  • (0)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488328

作品紹介・あらすじ

天地創造、生命の奥儀を神の声から解くゲマトリアの哲学-カバル。原始キリスト教と覇を競い、消え去ったオリエントの神々-グノーシス。エジプトの魔術とキリスト教から、絢爛たる悪魔学が生まれた-オカルティズム。占星術、錬金術、エクソシズム、ゴーム伝承、サタンと三千世界の悪霊たち。オカルトは不死鳥のように人間理性の背後から復活する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 思い出しレビュー。初めて読んだオカルトの本。澁澤龍彦に手を出したのはこの本を読んだ後。その当時はフムフムと読んだが、あとで見直してみるとツッコミ所が満載だ。

全1件中 1 - 1件を表示

坂下昇の作品

ツイートする