言葉と無意識 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (23)
  • (26)
  • (52)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 321
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488717

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • p28 「読む」ことはまた「創る」ことであり〜アルキメデスが〜比重の原理を発見したのではなく創った〜ロゴスにもとづく理論は〜壮大な虚構の想像なのである。
    p72 〜語の反復可能性故に対象や意味の自己同一性が錯視されるのである。〜自存的・超越的<意味>の否定〜<意味>とは〜辞項間の<差異>からしか析出されない、〜テクストのなかにおいてのみ生ずる〜
    p74 〜ラング化される前のランガージュは象徴作用が生ずる現場の〜そこで絶えずゆれ動く差異は〜既成の観念や事物の代行・再現物ではない。
    p135 私はもう一人の他者である〜<我思う>と言うのは誤っている。<非人称の誰かが私において考える>〜
    p140 「ノーマルな人間は主語の〜、古論理的思考を行う精神分裂病者は、述語の同一性にもとづいて同一性を受け入れる」〜イエスと葉巻の箱とセックスの同一視〜
    p231 いかなる現象にも<意味>を探そうとする表層のロゴスは、人びとを真面目にさせ息詰まらせる。まじめな人間は事物の背後にありもしない宝探しに血道をあげて、文化という美しい虚構を楽しむことを知らない。

  • 『ソシュールの思想』など日本のソシュール研究のたぶん第一人者である丸山圭三郎が「言葉」と「無意識」について切り込んだもの。1987年の著作なので、ずいぶんと古いが、非常に魅力的なテーマのように思えたので読む。

    だが、やや期待外れ。たとえばソシュールのアナグラムを高く評価するが、共感できない。ラカンの「言葉こそが無意識の条件である。言葉が無意識を作り出すのだ」という言葉を紹介しているが、その主題となるべき無意識のテーマへの切り込みが浅いという印象を受ける。最近読んだジュリアン・ジェインズ『神々の沈黙』にも通底するような無意識に関する新しい視点が得られるかもなという期待もあったのだが、少なくともその点はダメだった。

  • 第一章が難しかったけれど第二章からついていけました。なんとか。総じて、この本は言語学者で構造主義の父と呼ばれるソシュールを中心にした言語論です。それもチョムスキーなどが扱う表層の言語論ではなくて、言葉の生まれる深淵までをも覗きみるタイプの言語学のやり方です。無意識の言語化っていう話が本書の結論部分にでてきますが、ぼくも数年前にユングを読んでそこに気づいていて、あらためてこの考えを深める契機となりました。無意識を意識化していくことによって、日常生活や幼少期に受けてきた抑圧から、自らを解放することができるのではないか、という考えです。そうすることで、ストレスなどの多い現代において、精神面で病んでしまうことが減るように、もっと言えば、病んでしまった心が癒えるように、とする考えです。

  • ――ランガージュ[言語活動]は、ラング以前の象徴性の活動として、音声言語に先立つアルシ・エクリチュール(音声の代理ではない根源的文字、トーテム記号など)やコードなき舞踏としての身振りとも深く関わっている。(中略)そしてアルシ・エクリチュールと同様に、身振りは、象徴作用が生ずるプロセスの形とともにリズムを示していて、観念の代行・再現物ではない。文字も身振りも、ともにランガージュとしての、一切の指向対象をもたない<差異>なのである。(『言葉と無意識』丸山圭三郎)

  • 難しかった。
    もう少し歳を重ねたら、また読んでみたい。

  • 読み終えてみると、なるほど納得のタイトルと内容。ベースにある部分の話から、文化にまで話が派生する。思想を具体的に昇華するといえばいいのだろうか。ソシュールをベースにロラン・バルトが主にテキストや映像で展開したことの文化や生活観といった日常的な枠に反映させたものといえばいいかもしれない。芸術が、やや特殊、特別なことだという感じが拭えない中で(それが世間一般にとってごく自然な日常の活動になれば別だけど)文化や生活の観点から再認識する丸山圭三郎の語りはビフォーアフターのある読書になると思う。わかっていそうで留保していない、このソシュールベースの感覚は個人的には、いい意味で感覚をアンロックしてくれた気がする。

  • 言語学と心理学を繋いだ中間領域における既存研究の概説書のようなものだと思って買ったが、実際は思想書であった。予想外ではあったが、思想書だけあって掘り下げは深いし著者の熱量は感じられるしで大変面白かった。晩年の書ということで、著者の思想の総括的内容といえるのかもしれない。ソシュールの言語学を礎に言葉というものの考察から人間の精神活動および文化活動を統括的に説明し、西欧的科学合理主義を乗り越えようとするもので、個人的には結構ありかなと思えた。言葉の考察からここまで言えるのかとひとえに感動した。意識内だけに留まらず、意識外との関係にまで踏み込んでいるところが凄い(タイトルにある無意識も一般的用法と違ってこの意識外を指している)。卑近なところでは、精神病についても意識を形成する(というか意識そのものである)言葉という視点から捉え直していて興味深い。特に「均衡のとれた社会的人格を強制するのが治療であるとすれば、これは治療というよりは科学による新たな抑圧であるといわねばならないだろう。」との強烈な批判は一考に値するのではないかと思った。
    という具合に興味深く刺激的な内容で満足しているが、やっぱり難しかった。特に3章と4章は読むのにかなり時間がかかった。新書だからと侮ってはいけない。

  • 請求記号:SS/801/Ma59
    (経営学部経営学科 水谷正大 教授)

  • ソシュールの一般言語学講義ではなく、アナグラム研究を素材として、ロゴスとパトスの問題から治療論にまで至る野心的試みで、新書には収まりきらない密度。各界からの引用も豊富で十分な刺激を与えられる。岸田秀の「コンプレックス」に関するこういう見解は今まで知らなかったが、これは早速頂きである。

  • ロゴスとは、名づけるることによって異なるものを一つのカテゴリーにとりあつめ世界を有意味化する根源的な存在喚起力として捉えられていた。ギリシャ語のパトスは、ふつう<情念>と訳されるが、これは同時に、一見全くことなった概念と思われそうな<受けること、被ること>ひいとは<受苦>や<受難>という意味を持っていた。孔子は「知る者は好むものに及ばず、好む者は喜ぶものに及ばない」と言っていたが、「読み、書き、生きる」行為が一つに重なる私たちの深層意識においては、ロゴスはパトスであり、パトスはロゴスであるからだ。

全30件中 1 - 10件を表示

言葉と無意識 (講談社現代新書)のその他の作品

丸山圭三郎の作品

言葉と無意識 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする