睡眠の不思議 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488878

作品紹介・あらすじ

人はなぜ眠るのか、なぜ不眠になやむのか。眠りのコントロール・タワー-脳、生物時計と宇宙時計のギャップ、ホルモンと睡眠物質など、からだのメカニズムを通して、未知の世界-眠りの謎をときあかす。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:491.371||I
    資料ID:58704738

  • 4061488872 216p 1991・12・4 8刷

  • [ 内容 ]
    人はなぜ眠るのか、なぜ不眠になやむのか。
    眠りのコントロール・タワー―脳、生物時計と宇宙時計のギャップ、ホルモンと睡眠物質など、からだのメカニズムを通して、未知の世界―眠りの謎をときあかす。

    [ 目次 ]
    1 眠る人―睡眠とはどういう状態なのか
    2 眠った人―睡眠はどのように進化したか
    3 夢みる人―睡眠は何のためにあるか
    4 眠らない人―睡眠なしの生活をするとどうなるか
    5 眠りを知る人―身体のなかで睡眠はどのように調節されているか
    6 眠い人―睡眠にともなう病気にはどのようなものがあるか
    7 めざめる人―よい眠りをえるにはどうすればよいか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 人はなぜ眠るのか、なぜ不眠になやむのか。眠りのコントロール・タワー―脳、生物時計と宇宙時計のギャップ、ホルモンと睡眠物質など、からだのメカニズムを通して、未知の世界―眠りの謎をときあかす。

  • 浪人時代不眠症に悩んでた時期があって、その時、藁にもすがる思いで買いました。頭の悪い自分にはちんぷんかんぷんでした。今度挑戦しようかと思っております。

  • お医者さんの書く睡眠や不眠の本と違って、もっとクールに睡眠とはなにかってことが書かれています。と言っても文体も読みやすいし、結構オススメv多分、図書館や古本屋にあります。
    あ、でも動物実験とか苦手な人は読まない方がいいかも。図や写真はないけど、想像すると結構グロいです(汗)

全7件中 1 - 7件を表示

井上昌次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
ヘルマン ヘッセ
川端 康成
フランツ・カフカ
シェイクスピア
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする