集中力 (講談社現代新書 895)

著者 :
  • 講談社
3.18
  • (3)
  • (3)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 113
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488953

作品紹介・あらすじ

実力以上のパワーを生む集中力の秘密とはなにか?脳や神経のメカニズム、天才たちの努力、心理的に安定した環境の創造など-。豊富なエピソードをまじえ、だれにでも備わるこの不思議な力を存分に発揮させる方法を追究する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読予定

  • 最近、集中力を欠いて時間を無駄にすることが多くなってきたので、本書を読みかえした。
    本書から、臍下丹田(下腹部に力を集中させるトレーニング)、コマ切れ効果(やることをコマ切れにして予定を組む)、ウォーミングアップ(仕事、勉強に取り掛かる準備)、リラクゼーション(坐禅や瞑想)の4点を生活に取り入れた。しばらくして、いかに今までボーッと生きてきたか実感できるぐらい、時間の使い方が改善してきた気がする。

  • 集中について研究した本。集中力を高める、集中力を妨げるもの、集中力を養うなど、書いてある。

  • 集中力のメカニズムとそれをどのようにコントロールするか、というお話。メンタルの要素が多いのがポイントかm

    「知的好奇心」と集中力というのは切っても切れない関係にあるという話は納得。その間を埋める必要が今の日本社会の労働環境にあることも、また確か。

  • なぜお米に飽きないのか

  • 1988年の本。集中力のメカニズムや集中力を妨げるもの、促進する方法が書かれている。
    集中するには体調を整えるということは、やはり重要だと思う。

  • [ 内容 ]
    実力以上のパワーを生む集中力の秘密とはなにか?
    脳や神経のメカニズム、天才たちの努力、心理的に安定した環境の創造など―。
    豊富なエピソードをまじえ、だれにでも備わるこの不思議な力を存分に発揮させる方法を追究する。

    [ 目次 ]
    序章 集中力とは何か
    1章 集中力のメカニズム
    2章 集中力を支配するもの
    3章 集中力をさまたげるもの
    4章 集中力を促進する
    5章 集中力と記憶力
    6章 集中力の病理
    7章 集中力を養う

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 読書中。書かれた年代が古いため「シラケ世代」「ディスコ」「プータロー族」などの死語が乱発されるのが可笑しいが、書かれていることは学術的で読み応えがあります。

  • あんまりおもしろくないから集中力がない人は読めないかも★

  • 自分、集中力ないのでタイトル見て即買いです。なんというか、可もなく不可もなくって感じですかね。。。

全12件中 1 - 10件を表示

山下富美代の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×