はじめての構造主義 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (164)
  • (255)
  • (317)
  • (19)
  • (8)
本棚登録 : 2727
感想 : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061488984

作品紹介・あらすじ

西欧文明中心の近代に終わりを告げ、現代思想に新しい地平を拓いた構造主義。レヴィ=ストロースの親族・神話研究の、鮮やかな方法と発想の背景に見えてくる、ソシュール言語学やモースの贈与論。そして遠近法にまでさかのぼる、数学史の水脈に隠されたのルーツ。モダニズムからポスト構造主義への知の戦線に、軽快な文章で歯切れよく迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「『未開』社会の神話を支えている、人々の集合的な思考の働きと、西欧近代の数学を支えている思考の働きとは、実態が同じだった。神話と数学。このふたつは、...同じ秩序を隠している、二つの制度なのだ。...知のシステムとして、どちらがどちらに優越している、ということもない。西欧近代の側に真理が味方しているようにみえるとすれば、われわれ自身が制度のなかにどっぷりつかっているための錯覚である」

    構造主義が解決しようとした問題は何だったのか、構造主義はどのような系譜で生まれてきた思想なのか、を分かりやすく解説してくれる本。
    前知識ゼロだったが、構造主義って面白いかも、とと思えた。
    母音の分類、イトコ婚、神話、幾何学、遠近法などなどいろんな分野の話が出てくるのも面白い。

  • 構造主義は、主体性を排除しようとする考え方である。公理の上に成り立つ定理は真理のように感じるが、それは、主体的に選ばれた公理上での制度に過ぎない。構造主義は、主体を前提とした考え方から、ある対象となるものを、無意識的な、集合的な現象として捉え、その構造を理解しようとする考え方である。

  • 同僚の先輩に勧められた本。
    正直半分くらいしか理解できなかったけど、面白いと感じれることはできたのでよかったのかなぁ。

    自分の読解力の低さにショック。

  • 本当に初めて構造主義の本を本だが、書中のどこからどこまでが構造主義なのか、理解できなかった。しかし、興味を持てたので、関連する文献にも目を通したくなった。

  • これが構造主義だ!と、一言では定義できないのが構造主義だということと、レヴィ=ストロース(構造主義を始めた人)の仕事の概要はなんとなくわかった。

    元言語学徒でありながら構造主義も知らないのか、とお叱りを受けそうだけど、生成文法は研究手法としてのアメリカ構造主義を否定する形で登場したという背景があって(ゴニョゴニョ)……で、さらにアメリカ構造主義はヨーロッパの構造主義とは違うんだとかなんとかかんとかワケワカメ。

    「諸現象に共通する、数学的な構造に注目してそれを抽出する」という考え方は、生成文法でもXバー理論などに見受けられるし、統語演算をMergeのみに帰する最近のMP理論も、基本的な考え方は“構造主義的”といって差し支えないと思った(本書を読む限りでは)。そもそも、生成文法が想定する「普遍文法」という概念(全ての自然言語には、その言語の種となる共通のシステムが存在する、という考え方)からして、すごく構造主義的だ。

    生成文法こそ最先端の構造主義だ、と言えなくもなさそうだけど、誰もそんなことは言わない不思議。

    わかったような、わからないような。

  • 2013.01.09 一回読んでしっかり理解できるほどあまくはないが、ざっくりと構造主義の輪郭をつかむことはてきた。もう一度読んでポイントをつかむ。それから、関連図書もチェックしたい。

  • 久しぶりに読み直しました。前回理解できていなかった所(嫁とそれ以外の違いとか)が明白になり、有益な読書でした。だいぶ視界が開けてきた。それにしてもこの本は本当によくできています。入門書とはこうあるべきなんだなあ。

  • 神話学が成功したからといって、あらゆるテキストにその方法が適用できるわけではないのでは?とか、レヴィ=ストロースの手法が鮮やかすぎる、他の人にはなかなか真似できないってんなら、構造主義者ってのは何してる人なの?とか、いくつか疑問も残ったけど、大体どんなもんかってのはわかった気がします。以下はまとめ


    ・流行の変遷
    マルクス主義-社会は歴史法則に支配されている(資本主義→共産主義の流れ、革命が起こるべくして起こる等)。革命の成功が歴史によって約束されているなら、わざわざ参加して危険な目にあう必要もないという考えに陥りかねない。そのとき、個人の生きる意味は?マルクス主義は社会全体が一度に救済されることを目指すが、その代わり一人ひとりの運命・生きる意味などは蔑ろ(一人ひとりの人格に大きな価値を置くキリスト教と相容れない部分)。

    実存主義-人間の存在にはもともと理由がない、理由がない(無駄死にする)ならいっそ歴史に身を投じてみる。その方がはるかに値打ちのある生と言える。ただ、ニヒリズムに陥らないために、前提としてマルクス主義の言う歴史の存在を信じる必要がある。

    構造主義-マルクス主義のいう歴史、19世紀的なものの見方(社会が単純・原始的な段階から複雑・機能的な段階へ進歩・発展していく)はヨーロッパ人の偏見。人間や社会のあり方を歴史抜きに直視する。西欧中心のものの見方をやめ、比較方法論によって近代ヨーロッパ文明を人類全体の中に謙虚に位置づける。


    ・〈構造〉のルーツ
    絵画における遠近法-ひとりひとりの視点(主体)からみた世界を忠実に再現する。主体や客体、認識ということが十分意味を持つ。

    射影幾何学-視点が変わると図形は別の形に変化する(射影変換)。その時でも変化しない性質が〈構造〉(e.g.正方形を射影変換すると正方形・台形・たこ形・ただの四角形に変化。これら4つの四角形全ての共通点「四つの線分に囲まれている」)。

    ヒルベルトの形式主義-公理(数学者の間の約束事にすぎない)をきちんと示し、様々な公理系から同じ幾何学を導けることを証明?(説明ほとんどなし)

    ブルバキの〈構造〉-フランスの数学者グループ。グループの一人、アンドレ・ヴェーユがレヴィ=ストロースの協力者。〈構造〉の概念を核にして数学の統一像を描き出そうとする?(説明ほとんどなし)

    レヴィ=ストロースの〈構造〉-レヴィ=ストロースの神話学はブルバキ派の〈構造〉の概念をそのまま神話の領域に持ちこんだもの。


    ・親族研究(インセスト・タブー)
    女性そのものの価値を直接味わえるようだと交換のシステム(社会)が成り立たなくなる。
    親族(女性の交換システム)が成り立つためにはそれが否定されなければならない。同じ集団のメンバーにとって、女性の利用可能性が閉ざされなければならない。近親相姦が否定されて初めて人々の協力のネットワークが広がっていく。
    “価値があるから交換する”んじゃなく、”交換するから価値がある”。”タブーだから交換する”んじゃなく、” 交換するからタブーである”
    社会がまずあって、その中にコミュニケーションの仕組みができるのではなく、そもそも社会とはコミュニケーションの仕組みそのもの。
    交換は利害や必要に基づくのではなく、純粋な動機(交換のための交換)に基づく。交換のシステムの中では女性や物財や言葉が「価値」あるものになるが、それらがその「価値」ゆえに交換されるわけじゃない。あくまで交換のための交換が基本で、それが特殊に変化・発達していった場合にだけ、経済(利害に基づいた交換)が現れるにすぎない。
    交換のシステムは機能の観点から捉えきれない。→機能主義人類学を批判。
    人々の利害が交換の動機になっていない。→マルクス主義とも対立。


    ・神話学
    オーストラリアの原住民の結婚のルールが抽象代数学の群構造と全く同じものだったことから、「人間の思考は一直線に進歩していくわけではなく、人間の思考のレパートリーはあらかじめ決まっていて、それを入れかわり立ちかわり並べ直しているだけかもしれない」と考えたが、親族研究では人間の思考以外の物質的要因が多すぎるので、人間の思考のレパートリーの宝庫であろう神話でそれを証明しようとした。
    「未開」社会の人びとは「考えるのに便利 good to think」な自然の事物を使って彼らを取り巻く世界や宇宙について考える(野生の思考)。ありあわせの材料を使って考えていくので日曜大工のようなブリコラージュになる。その意味不明なエピソードに隠された〈構造〉(野生の思考に支えられた「神話論理」、個々の神話の間の変換関係)を明らかにした。
    神話学はテキストを字義通りに読まない。それはテキストの表層に過ぎなくて、本当の〈構造〉はその下に隠れている。テキストをずたずたにしていろいろな代数学的操作を施しても構わない。(テキストの解体)→キリスト教における最高のテキスト(聖書)の権威を否定し、”神”をもかき消す。いったん構造主義の洗礼を受けた後ではどんな権威あるテキストも成立しなくなる。
    神話学を理解するのに主体は関係ない。(主体不関与)→これまでの近代主義の思想(人間を主体とみる考え方)に打撃を与えた。
    主体の思考の手の届かない彼方に、それを包む、集合的な思考の領域の存在を示した。〈構造〉はひとりの主体にこだわって世界を認識しようとしているあいだは現れてこない。


    ・構造主義批判
    〈構造〉は空間的なため、時間的な変化を捨象している。
    人間の主体性がどこかに行ってしまった。
    「作者の言いたいこと」を括弧に入れてしまう。

  • これは面白かった!
    特にレヴィ=ストロースの人類学のアイデアや、それに関するモースの贈与論、ソシュールの音韻論や記号論などここまで詳しく、かつ分かりやすく書いてある本は他に読んだことが無い。
    中盤の数学史と構造主義の関連を説明する部分は脳みそとろけるかと思うほど面白かった。
    内田樹の『寝ながら学べる構造主義』の後に読むと、理解が深まって良いと思う。
    これはオススメ!

  • だましだましなのは承知の上。でもこうした知的な本、初めて最後まで納得しながら読めた。
    「●●入門」にありがちな全然入門じゃない難解な本にとは違い、本当に必要な部分だけをわかりやすく。
    ありがたい。

    さて、「構造主義」は高校の倫理で課題がでたので言葉だけ覚えている。
    倫理はいつも6限だったのですべて睡眠時間。
    なんの意味もわからず適当なものを提出した記憶がある。
    もったいない。

    自分の言葉でうまく説明できないけど、学問の新しい比較方法論。
    人間社会はある方向へ進化しているわけではない。
    対立する要素の組み合わせ(この枠組み=構造なのだろうか)の中で動いているだけなんじゃないか、という理解をした。
    気付かないうちにとらわれていた見方から抜け出し、根底にある枠組みの存在を明らかにしていくと、新しい発見がいっぱい出てくる。
    結果として、「西欧中心」のものの考え方からの脱却につながる。

    レヴィストロースが研究していた文化人類学をはじめ、言語学、数学や、はたまた神話の世界まで、まさに思考の構造変化を生みだす。
    レヴィストロースの第一歩は、以下の南米に住む原住民の研究。
    「未開」とされた彼らの近親相姦のルールは、どう考えても不可解で根拠がない。
    でも「親族間の女性交換」という見方をすると、きわめて合理的な仕組みを持っていることに気付く。
    しかもその中には高度な数学の考え方が内包されていて、「時代の先を行く」西欧人は衝撃を受けた。
    レヴィストロースは、人間社会は「女性・物財・言語」の交換システムだ、と考え、その構造を解き明かそうと、なぜか世界の神話研究に没頭する。

    後半の幾何学の話がおもしろかった。
    遠近法から思考(枠組み)の限界がどんどん広がっていく様は目が醒める。

    本を読んだ2日後、仕事中の会話の中で、ふと構造主義的な視点がふとひらめいた。
    と、いうことは自分の考え方を広げるきっかけになったということ。

    やっぱ学生時代は勉強すべきだったなあ。
    まあ、本に書いてあることはほとんど1970年以前のことなのだが。
    なんて、2012年から40年前を見下ろす考え方が、すでにとらわれているのだ。

全242件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九四八年生まれ。社会学者。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。大学院大学至善館教授。著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』『正しい本の読み方』(ともに講談社現代新書)。社会学者・大澤真幸氏との共著に、『ふしぎなキリスト教』(新書大賞2012を受賞)、『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)がある。

「2022年 『言語ゲームの練習問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋爪大三郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×