名訳と誤訳 (講談社現代新書 935)

著者 :
  • 講談社
2.80
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061489356

作品紹介・あらすじ

Time flies like an arrow.(光陰矢の如し)電算機が訳すと「時間蝿は矢を好む」-。私たちはどうすれば誤訳の森をぬけ、正訳の泉にたどりつけるのか?挾み打翻訳法ほか著者多年のノウハウを披瀝しつつ、名訳の秘密、誤訳の原因を尋ねる楽しい一巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 筆者は英米小説を主戦場とする翻訳家。本書に取り上げられている“名訳と誤訳”も、すべてが英和・和英の訳である。

    本書は3+1章構成で、前半3章は筆者の専門である英和訳について、その心構え・名訳の森・誤訳の森、という章立てである。

    心構えの部分は興味深く、名訳の森では読んでみたい訳書が増えたので、この部分だけでも読む価値はあると思う。

    しかし誤訳の森、での誤訳・悪訳の指摘において、その訳者の人格批判のような内容のあった点は少々“引いた”。
    当該の指摘が的を射ているだけにこの点は悔やまれる。

    最後の+1章、であるが、この部分は、従来英米人によってなされることの多かった、和英訳についての筆者の意見を中心としている。
    英語による俳句(訳・創作)についても触れられているが、個人的にはこれについて、もう少し踏み込んだ論考をするか、参考文献を示して欲しかった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931年東京生まれ。東京大学文学部卒業。訳書に、J・G・バラード『結晶世界』(創元SF文庫)、アンソニー・バージェス『1985年』(サンリオ文庫)などがある。

「2013年 『憑かれた女』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村保男の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×