イギリス紳士のユーモア (講談社現代新書 (1023))

著者 :
  • 講談社
3.28
  • (1)
  • (3)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490239

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多々存在するであろう、"イギリス人(気質)論"のひとつ。「ユーモア」という切り口から、上流の英国人を観察しているが、貴族の話題〜クラブの話という結構ありがちな内容ともいえる。一方で「紳士」とは何ぞやという見地は意外にも新鮮で、「紳士」なるもの定義が極めて難しいことを再認識させられる一冊だ。

  • ユーモア、ということからかジョークがいくつか例に挙げられており、ジョーク好きの私としてはうれしかった。

    イギリス紳士って何なんだろう。ちょっとわかったようなわからないような。
    イギリスに行ってみたくなる。

    そして、フィッシュ&チップス食べたい。

  • Gentleman と呼ばれるイギリス紳士の条件やライフスタイルがユーモアたっぷりに書かれていておもしろかった。それにしてもイギリスは奥深い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1949-2021年。東京生まれ。上智大学大学院文学研究科修了ののち,同志社女子大学教授を経て,上智大学文学部教授。専攻はイギリス文学,文化。主な著書に『イギリス王室物語』『イギリス名宰相物語』(ともに講談社現代新書),『コーヒー・ハウス』『イギリス紳士のユーモア』(講談社学術文庫)などがある。

「2022年 『イギリス貴族』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林章夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×