フロイト以後 (講談社現代新書)

著者 : 鈴木晶
  • 講談社 (1992年4月発売)
3.18
  • (1)
  • (4)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490949

作品紹介

精神分析学は一つの思想である。心の療法から出発し、人間探求に向かう冒険的な試み。原点フロイトを押さえユング、アードラーの深層心理学から、ラカン、ドゥルーズなど現代思想に至るフロイト以後の流れをえがく。

フロイト以後 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フロイト以前の精神分析前史からはじめて、フロイトによる「無意識の発見」の革命的な意義を解説し、フロイト以後の展開を概観するという、かなり欲張りな内容の入門書です。

    これだけの内容を新書一冊の分量にまとめているので、当然のことながらばっさりと切り捨てられているところも多いのですが、フロイトを中心とする「精神分析運動」というべき思想史的な潮流の大まかな見取り図を描くという意味では、かなりの成功を収めている入門書だと思います。

  • ふらりとタイトル買いしたのだがどっこい大変面白かった。裾野が広いので、それぞれの項はいままでよんだどの現代思想の入門書より要約されている。雑ともいえるがそこはそれ、こちらのニーズにははまっていて得した気持ちになった。フロイトを足軸に周辺をかじる、でもなく、なめるにもいたっていず、せいぜいにおいをかぐ、位の紹介。でも手っ取り早い。

  • フロイトの背景、フロイトの思想、フロイトの影響についてを駆け足で。

  • [ 内容 ]
    精神分析学は一つの思想である。
    心の療法から出発し、人間探求に向かう冒険的な試み。
    原点フロイトを押さえユング、アードラーの深層心理学から、ラカン、ドゥルーズなど現代思想に至るフロイト以後の流れをえがく。

    [ 目次 ]
    第1章 フロイト以前(見る者・見られる者;メスメリズム)
    第2章 フロイトの思想(事実から幻想へ;夢判断;性;私とは何か)
    第3章 フロイト以後(深層心理学の三巨頭;性と革命;アメリカ・イギリス・スイス;ラカン;ポスト構造主義;アンチ・オイディプスへ)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • フロイトに始まる、
    精神分析学の流れを大まかに説明してます。

    精神分析学のあらゆる学派も、
    元をたどればフロイトに行き着くんですね。

    「フロイト以後」、
    まさにその通りです。

  • ノリや勢いでもなんとなく読める、(良い意味で)読みやすい精神分析学入門、みたいな…。身内びいきじゃないです。

  • フロイト以前、フロイトの思想、フロイト以後の発展派生が分かりやすく書かれている。

全7件中 1 - 7件を表示

鈴木晶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
ウラジーミル ナ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

フロイト以後 (講談社現代新書)はこんな本です

フロイト以後 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする