信長と天皇―中世的権威に挑む覇王 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (5)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490963

作品紹介・あらすじ

天下人信長は、天皇を超えようとしたのか。中世的権威を否定することによって統一事業を成功させた信長の前にある正親町天皇という障害。将軍義昭追放の後の政権構想を考察し、天皇制存続の謎と天皇の権威とは何かという問題に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 信長の朝廷対策について述べた本。信長が単なる勤皇家でも、単なる既存政治機構の破壊者でもないという観点からの話です。信長と…とは銘打ってありますがどちらかというと信長上洛後の正親町天皇の姿勢を追っている感じが強いです。他大名や本願寺などとの合戦・交渉において最大限天皇という権威を利用してはいたものの、結局はそれによって朝廷という権威のもとに跪かざるを得なかったという、通常語られている信長像とは違った観点が興味深かったです。足利義満の例を出して、「信長=生ける神」信仰の強要の拙さも露わにしていて、これも非常に面白かったです。

  • 戦国

  • 信長と天皇のパワーバランスを軸にした本。
    信長の天皇に対する気持ち(皇室を何とも思わない)などはちょっと穿ちすぎかなと思います。
    当時、信長は律令体制を認めるか?、律令以外の体制をつくろうとしたか?
    後半は核心に迫ろうとしますが、本書の言うように律令体制自体の全否定であったとは納得できませんでした。
    しかし、様々な文献などからの考察は頭が下がり、勉強になりました。

  • [ 内容 ]
    天下人信長は、天皇を超えようとしたのか。
    中世的権威を否定することによって統一事業を成功させた信長の前にある正親町天皇という障害。
    将軍義昭追放の後の政権構想を考察し、天皇制存続の謎と天皇の権威とは何かという問題に迫る。

    [ 目次 ]
    序章 上洛志向
    第1章 入京直後の公武関係
    第3章 勅命講和
    第3章 天皇の平和
    第4章 神格化の挫折
    終章 本能寺の変なかりせば

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

今谷明の作品

ツイートする